電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-13 15:10
[招待講演]メタ・メディアの新世界 ~ 三次元コミュニケーション・メディアの可能性 ~
三淵啓自デジハリ大NS2008-94 CQ2008-46 ICM2008-43
抄録 (和) セカンドライフの事例を、三次元仮想世界(メタバース)の新しいメディア(メタメディア)としての特徴や、感性的・感覚的な情報メディアとしての可能性をまとめた。 
(英) The three dimensional virtual world (metaverse) is not just a social network or MMORPG. The metaverse has complex and remarkable characteristic as a super-media, I call it “meta-media”. The meta-media not only rich 3d communication media but also instinctive and emotional information space media.
キーワード (和) 仮想世界 / メタバース / 右脳的情報空間 / セカンドライフ / / / /  
(英) metaverse / Virtual World / 3D internet / right-brain like information space / contents distance / interverse / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 287, CQ2008-46, pp. 1-6, 2008年11月.
資料番号 CQ2008-46 
発行日 2008-11-06 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-94 CQ2008-46 ICM2008-43

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2008-11-13 - 2008-11-14 
開催地(和) 日本大学(郡山) 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) NW管理,次世代NWアーキテクチャ,次世代NWのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバレイネットワーク,次世代NWサービス品質, 一般 
テーマ(英) NW management, Next generation NW architecture, Next generation NW operation architecture, traffic measurement/modeling/quality, overlay network, Next-Generation NW QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2008-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メタ・メディアの新世界 
サブタイトル(和) 三次元コミュニケーション・メディアの可能性 
タイトル(英) The New World of Meta-Media 
サブタイトル(英) The three dimensional virtual space is new Communication media 
キーワード(1)(和/英) 仮想世界 / metaverse  
キーワード(2)(和/英) メタバース / Virtual World  
キーワード(3)(和/英) 右脳的情報空間 / 3D internet  
キーワード(4)(和/英) セカンドライフ / right-brain like information space  
キーワード(5)(和/英) / contents distance  
キーワード(6)(和/英) / interverse  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三淵 啓自 / Keiji Mitsubuchi / ミツブチ ケイジ
第1著者 所属(和/英) デジタルハリウッド大学院 (略称: デジハリ大)
Digital Hollywood Graduate School (略称: Digital Hollywood GS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-13 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-NS2008-94,IEICE-CQ2008-46,IEICE-ICM2008-43 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.286(NS), no.287(CQ), no.288(ICM) 
ページ範囲 pp.31-36(NS), pp.1-6(CQ), pp.19-24(ICM) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2008-11-06,IEICE-CQ-2008-11-06,IEICE-ICM-2008-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会