電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-13 16:30
[チュートリアル招待講演]ネットワーク評価とシミュレーション
中村文隆東大NS2008-97 CQ2008-49 ICM2008-46
抄録 (和) ネットワークシステムの研究対象は、
たとえばプロトコル、アーキテクチャ、輻輳やルーチングの制御、
ユーザ行動など多岐に渡り、
それぞれの研究において提案されるシステムの性能や特性評価のために
ネットワークシミュレータが用いられることが多くなってきた。
シミュレーションによる評価は、
システムを表す状態方程式の解析解や数値解による
評価や、実環境に近いシステムを利用するエミュレーションによる
評価などと並ぶシステム評価の手法の一つであり、
評価対象の適切なモデル化と評価手法の概念把握、
信頼性の検証などが必要であることはシミュレーション以外の評価手法と共通している。

本稿では、主に学生向けのチュートリアル招待講演として
予定されている「ネットワーク評価とシミュレーション」の
参考資料として、シミュレーションの位置づけと信頼性について
基礎的な事項をまとめておきたい。 
(英) Network simulators are widely used to evaluate system performance
and charteristics in various network research areas
such as protocols, archtectures, congestion control, routing control
and user behavior. In this paper, we see some basics to establish
credibility of traffic evalutions with networks simulators
for students learning network simulation.
キーワード (和) ネットワークシステム / シミュレーション / ns2 / / / / /  
(英) network system / simulation / numerical evaluation / ns2 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 286, NS2008-97, pp. 49-56, 2008年11月.
資料番号 NS2008-97 
発行日 2008-11-06 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-97 CQ2008-49 ICM2008-46

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2008-11-13 - 2008-11-14 
開催地(和) 日本大学(郡山) 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) NW管理,次世代NWアーキテクチャ,次世代NWのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバレイネットワーク,次世代NWサービス品質, 一般 
テーマ(英) NW management, Next generation NW architecture, Next generation NW operation architecture, traffic measurement/modeling/quality, overlay network, Next-Generation NW QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2008-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク評価とシミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network Performance Analysis with Simulators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークシステム / network system  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(3)(和/英) ns2 / numerical evaluation  
キーワード(4)(和/英) / ns2  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 文隆 / Fumitaka Nakamura / ナカムラ フミタカ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-13 16:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-97,IEICE-CQ2008-49,IEICE-ICM2008-46 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.286(NS), no.287(CQ), no.288(ICM) 
ページ範囲 pp.49-56(NS), pp.19-26(CQ), pp.37-44(ICM) 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-NS-2008-11-06,IEICE-CQ-2008-11-06,IEICE-ICM-2008-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会