電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-13 16:00
[特別講演]新世代ネットワークビジョン ~ 社会問題解決と豊かな未来社会構築に向けて ~
桐葉佳明NICTNS2008-96 CQ2008-48 ICM2008-45
抄録 (和) 次世代ネットワークのさらに先を見据え,様々な社会問題や課題を解決し,豊かな地球文明を可能とする新世代ネットワークのビジョンとして,未来社会をどう実現するか,未来社会において新世代ネットワークが果たすべき役割は何か,についてのNICTにおける検討成果を報告する. 
(英) This presentation reports a future networking vision discussed in NICT, which can deal with serious socio-economical issues in a global environment, and can achieve the future information and networking society. This shows several scenarios in which the future network technologies have an important role, and R&D challenges for the future.
キーワード (和) 新世代ネットワーク・アーキテクチャ / 新世代ネットワーク・機能要件 / / / / / /  
(英) Future Internet Design / Requirements for Future Networking / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 288, ICM2008-45, pp. 31-35, 2008年11月.
資料番号 ICM2008-45 
発行日 2008-11-06 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-96 CQ2008-48 ICM2008-45

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2008-11-13 - 2008-11-14 
開催地(和) 日本大学(郡山) 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) NW管理,次世代NWアーキテクチャ,次世代NWのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバレイネットワーク,次世代NWサービス品質, 一般 
テーマ(英) NW management, Next generation NW architecture, Next generation NW operation architecture, traffic measurement/modeling/quality, overlay network, Next-Generation NW QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2008-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新世代ネットワークビジョン 
サブタイトル(和) 社会問題解決と豊かな未来社会構築に向けて 
タイトル(英) Future Networking Vision 
サブタイトル(英) Diversity and Inclusion: Networking the Future 
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク・アーキテクチャ / Future Internet Design  
キーワード(2)(和/英) 新世代ネットワーク・機能要件 / Requirements for Future Networking  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桐葉 佳明 / Yoshiaki Kiriha /
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-13 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-NS2008-96,IEICE-CQ2008-48,IEICE-ICM2008-45 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.286(NS), no.287(CQ), no.288(ICM) 
ページ範囲 pp.43-47(NS), pp.13-17(CQ), pp.31-35(ICM) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2008-11-06,IEICE-CQ-2008-11-06,IEICE-ICM-2008-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会