電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-13 13:25
映像トラヒックの統計多重効果に関する一検討
黒沢 健NTT)・大北和也阪大)・西松 研NTT東日本)・竹下 恵岩下 基NTTNS2008-90
抄録 (和) インターネットを流れるトラヒックは近年著しく増加しており, 特に映像トラヒックやP2P トラヒックがネットワークの帯域を占める大きな要因となっている. 本検討では映像トラヒックに着目し, 測定したトラヒックに対する特性分析結果を示す. プロトコルの動作による特徴も現れたが, 到着間隔による各映像サイトの違いを確認することができた. また映像トラヒックがネットワークの中で多重化された時の帯域算出評価を数値的にシミュレーションした. こうして得られた多重化された映像トラヒックの平均量に対するばらつきの累積分布は指数分布で近似され, 統計多重により得られる効果を数値的に評価した. 
(英) As one of a reason of increasing traffic in recent years, it is considered that video traffic and P2P traffic
flow through a network and occupy the bandwidth of the network. In this paper, we focus on the video traffic,
and analyze the characteristics of video traffic by using measured video traffic. For appropriate network design, we
multiplex these video traffic sources and estimate the required bandwidth. By applying a numerical simulation, we
examine the behavior of the video traffic and how they obtain statistical multiplexing effect.
キーワード (和) 映像トラヒック / 短期変動トラヒック / 統計多重効果 / / / / /  
(英) Video traffic / Short-term fluctuating traffic / Statistical multiplexing effect / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 286, NS2008-90, pp. 7-11, 2008年11月.
資料番号 NS2008-90 
発行日 2008-11-06 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-90

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2008-11-13 - 2008-11-14 
開催地(和) 日本大学(郡山) 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) NW管理,次世代NWアーキテクチャ,次世代NWのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバレイネットワーク,次世代NWサービス品質, 一般 
テーマ(英) NW management, Next generation NW architecture, Next generation NW operation architecture, traffic measurement/modeling/quality, overlay network, Next-Generation NW QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2008-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像トラヒックの統計多重効果に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Statistical Multiplexing Effect of Video Traffic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像トラヒック / Video traffic  
キーワード(2)(和/英) 短期変動トラヒック / Short-term fluctuating traffic  
キーワード(3)(和/英) 統計多重効果 / Statistical multiplexing effect  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒沢 健 / Takeshi Kurosawa / クロサワ タケシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大北 和也 / Kazuya Ohkita / オオキタ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西松 研 / Ken Nishimatsu / ニシマツ ケン
第3著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE EAST CORPORATION (略称: NTT EAST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 恵 / Kei Takeshita / タケシタ ケイ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩下 基 / Motoi Iwashita / イワシタ モトイ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-13 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-90 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2008-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会