お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-07 13:00
眼幅順応による不自然さの変化が事象関連電位に及ぼす影響
石垣将孝南 哲人中内茂樹豊橋技科大HIP2008-88
抄録 (和) 本研究では,眼幅順応による顔に対する不自然さの変化が,オドボール課題における事象関連電位(ERP)に与える影響を調べた.まず,眼の幅を極端に変化させた顔画像に順応させた後,顔画像を用いたオドボール課題を行い,そのときのERPを計測した.被験者が感じる自然な眼幅は順応に応じて変化し,それに対応するように,順応顔画像と標的顔刺激の眼幅の差に依存してP300振幅が変化した.この結果は,順応による被験者の主観の変化が,脳波のP300成分に反映されていることを示している. 
(英) We investigated the effects of face (eye-spacing) adaptation on event-related potentials (ERPs) during a visual oddball task. We measured ERPs during a oddball task using face stimuli after the adaptation to stimuli with increased or decreased eye-spacing As a result, the adaptation affected the width of eye-spacing natural and also changed the P300 amplitude. Our findings suggest that the neural effects of the face adaptation are reflected in the P300 component.
キーワード (和) 事象関連電位 / P300 / face adaptation / eye-spacing / / / /  
(英) event related potential / P300 / face adaptation / eye-spacing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 282, HIP2008-88, pp. 1-5, 2008年11月.
資料番号 HIP2008-88 
発行日 2008-10-31 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2008-88

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2008-11-07 - 2008-11-11 
開催地(和) 金沢工大および山代温泉 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology, Yamahiro Hot Spring 
テーマ(和) 視知覚とその応用,手,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2008-11-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼幅順応による不自然さの変化が事象関連電位に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effects of eye-spacing adaptation on event-related potentials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事象関連電位 / event related potential  
キーワード(2)(和/英) P300 / P300  
キーワード(3)(和/英) face adaptation / face adaptation  
キーワード(4)(和/英) eye-spacing / eye-spacing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 将孝 / Masataka Ishigaki / イシガキ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi University of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 哲人 / Tetsuto Minami / ミナミ テツト
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi University of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 茂樹 / Shigeki Nakauchi / ナカウチ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi University of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-07 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2008-88 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HIP-2008-10-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会