お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-06 14:50
ETS-VIII衛星を用いた衛星・アドホック併用ネットワークの評価実験
稲井恵一星野 光熊本和夫安川交二阪工大SAT2008-25
抄録 (和) The Engineering Test Satellite VIII “KIKU No.8” (ETS-VIII) which has features that the world’s biggest antenna and use of low frequency (S-band) had been launched in December 2006. Mobile communication support is one of the purposes of this satellite, and users can utilize a small and lightweight mobile terminal. On the other hand, wireless ad-hoc network which requires no infrastructural facilities has also been investigating as mobile support system. However, wireless ad-hoc network composed only of mobile terminals has no gateway, so it is hard to connect to exterior Internet. Hence, we had been proposed “completely” wireless network composed of satellite link, as a gateway, and wireless ad-hoc network so far. In this paper, the communication performance and quality of proposed network will be measured using ETS-VIII satellite. Experimental results show that wireless ad-hoc (multi-hop) gives large influence on performance. 
(英) The Engineering Test Satellite VIII “KIKU No.8” (ETS-VIII) which has features that the world’s biggest antenna and use of low frequency (S-band) had been launched in December 2006. Mobile communication support is one of the purposes of this satellite, and users can utilize a small and lightweight mobile terminal. On the other hand, wireless ad-hoc network which requires no infrastructural facilities has also been investigating as mobile support system. However, wireless ad-hoc network composed only of mobile terminals has no gateway, so it is hard to connect to exterior Internet. Hence, we had been proposed “completely” wireless network composed of satellite link, as a gateway, and wireless ad-hoc network so far. In this paper, the communication performance and quality of proposed network will be measured using ETS-VIII satellite. Experimental results show that wireless ad-hoc (multi-hop) gives large influence on performance.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) ad-hoc network / AODV / OLSR / VoIP / ETS-VIII / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 274, SAT2008-25, pp. 51-56, 2008年11月.
資料番号 SAT2008-25 
発行日 2008-10-30 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2008-25

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2008-11-06 - 2008-11-07 
開催地(和) リビエラホテル釜山 
開催地(英) Riviera Hotel Pusan 
テーマ(和) 衛星通信技術および一般 (JC-SAT2008) 
テーマ(英) Satellite Communication Technology, etc. (JC-SAT2008) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2008-11-SAT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ETS-VIII衛星を用いた衛星・アドホック併用ネットワークの評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of network formed by ETS-VIII satellite and wireless ad-hoc 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) / AODV  
キーワード(3)(和/英) / OLSR  
キーワード(4)(和/英) / VoIP  
キーワード(5)(和/英) / ETS-VIII  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲井 恵一 / Keiichi Inai / イナイ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of technology (略称: Osaka Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 光 / Hikaru Hoshino / ホシノ ヒカル
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of technology (略称: Osaka Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊本 和夫 / Kazuo Kumamoto / クマモト カズオ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of technology (略称: Osaka Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 交二 / Koji Yasukawa / ヤスカワ コウジ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of technology (略称: Osaka Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-06 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2008-25 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2008-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会