電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-31 10:55
細管内金属ワイヤ電極を用いたエレクトロスピニング法による高分子ファイバーの作製
星野力哉小野塚信太郎大平泰生馬場 暁新保一成加藤景三金子双男新潟大エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2008-81
抄録 (和) エレクトロスピニング法において、高分子溶液を満たしたテフロン細管内に銅ワイヤを挿入し、これを電極として用いてポリマーファイバーを作製した。このような電極構造とすることで、形成されるファイバー径は小さくなり、さらに印加電圧、電極間距離、用いる高分子溶液量も低減できる。この手法でポリビニルアルコールファイバーを種々の条件で作製し、その構造を調べた。また、回転コレクト電極を用いた配向制御、ファイバーを用いた電界効果トランジスタの試作を行った。本研究で用いた電極構造は、エレクトロスピニング法によるファイバーの構造制御や、ファイバーのデバイス応用に有用と考える。 
(英) We prepared electrospun polymer fibers using a copper wire electrode in Teflon capillary tube. Compared to conventional method, fiber diameter, needed volume of polymer solution, applied voltage for fiber preparation, distance between the electrodes can be largely reduced in this method. The shapes were investigated for electrospun poly(vinylalcohol) fiber prepared with various conditions. Furthermore, orientation control of PS fibers and preparation of P3HT fiber field-effect transistor were carried out. This method should be useful for study of electrospinning method and developing electronic devices using electrospun fibers.
キーワード (和) エレクトロスピニング法 / 高分子ファイバー / ポリビニルアルコール / ポリ3-ヘキシルチオフェン / 有機トランジスタ / / /  
(英) electrospinning method / polymer fiber / poly(vinylalcohol) / poly(3-hexylthiophene) / organic field effect transistor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 269, CPM2008-81, pp. 35-40, 2008年10月.
資料番号 CPM2008-81 
発行日 2008-10-23 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-31 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 薄膜プロセス・材料、一般 
テーマ(英) Process of Thin Film formation and Materials, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2008-10-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 細管内金属ワイヤ電極を用いたエレクトロスピニング法による高分子ファイバーの作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preparation of Polymer Fibers Using Electrospinning Method with a Metal Wire Electrode in Capillary Tube 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エレクトロスピニング法 / electrospinning method  
キーワード(2)(和/英) 高分子ファイバー / polymer fiber  
キーワード(3)(和/英) ポリビニルアルコール / poly(vinylalcohol)  
キーワード(4)(和/英) ポリ3-ヘキシルチオフェン / poly(3-hexylthiophene)  
キーワード(5)(和/英) 有機トランジスタ / organic field effect transistor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 力哉 / Rikiya Hoshino / ホシノ リキヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野塚 信太郎 / Shintaro Onoduka / オノヅカ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 泰生 / Yasuo Ohdaira / オオダイラ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 暁 / Akira Baba / ババ アキラ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 一成 / Kazunari Shinbo / シンボ カズナリ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 景三 / Keizo Kato / カトウ ケイゾウ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 双男 / Futao Kaneko / カネコ フタオ
第7著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-31 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2008-81 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.269 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会