お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-31 13:25
両面発光有機ELパネルとフレキシブル応用
宮下拓也平澤銀太内村拓矢・○中 茂樹岡田裕之富山大OME2008-51 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2008-51
抄録 (和) ボトムエミッション型(BE)とトップエミッション型(TE)素子を積層し、両面独立発光可能なDual-Drive & -Emission (DDE) Panelとそのフレキシブル化について検討した。素子構造はGlass or polyethylene naphthalate (PEN)/ITO/TAPC (50 nm)/CBP+Ir(ppy)_3 [100:5] (30 nm)/BCP (20 nm)/LiF (1 nm)/AlNd (70 nm)/LiF (1 nm)/BCP (20 nm)/ CBP+Ir(ppy)_3 [100:5] or CBP+FIrpic [100:6] (30 nm)/TAPC (50 nm)/MoO_3 (10 nm)/Au (10 nm)である。作製したDDEパネルで単体素子と同等の特性が得られ、両面から60,000 cd/m^2を超える高輝度を得た。また、応用を考えると、超軽量、可搬性からフレキシブル化に期待が掛かる。そこでPEN基板上へDDE panelを作製し、両面独立発光を得た。 
(英) We have investigated Dual Drive & Emission (DDE) panels with a bottom emission type (BE) and a top emission type (TE) organic light emitting diodes, which is useful for emissive double-faced panels displaying different images, and also fabrication of DDE on flexible substrate. Device structure was Glass or polyethylene naphthalate (PEN) /ITO/TAPC (50 nm)/CBP+Ir(ppy)_3 [100:5] (30 nm)/BCP (20 nm)/LiF (1 nm)/AlNd (70 nm)/LiF (1 nm)/BCP (20 nm)/ CBP+Ir(ppy)_3 [100:5] or CBP+FIrpic [100:6] (30 nm)/TAPC (50 nm)/MoO_3 (10 nm)/Au (10 nm). Brightness of over 60,000 cd/m^2 and symmetric emissions were obtained from the both sides of DDE panels. In addition, we have fabricated the DDE on flexible substrate, such as PEN. We obtained independent emission from both sides for flexible DDE panels.
キーワード (和) 有機EL / 両面発光 / タンデム構造 / フレキシブル基板 / / / /  
(英) organic light emitting diodes / dual-emission / tandem structure / flexible substrate / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 272, OME2008-51, pp. 5-8, 2008年10月.
資料番号 OME2008-51 
発行日 2008-10-24 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2008-51 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2008-51

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2008-10-31 - 2008-10-31 
開催地(和) 東大本郷 工学部6号館3階セミナー室A 
開催地(英) ToKyo Univ. Faculty of Engineering Bldg.6 
テーマ(和) センサー、デバイス、一般 
テーマ(英) Sensor, Device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2008-10-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 両面発光有機ELパネルとフレキシブル応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dual Drive & Emission Panels and Its Application to Flexible substrate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機EL / organic light emitting diodes  
キーワード(2)(和/英) 両面発光 / dual-emission  
キーワード(3)(和/英) タンデム構造 / tandem structure  
キーワード(4)(和/英) フレキシブル基板 / flexible substrate  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 拓也 / Takuya Miyashita / ミヤシタ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 銀太 / Ginta Hirasawa / ヒラサワ ギンタ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内村 拓矢 / Takuya Uchimura / ウチクラ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中 茂樹 / Shigeki Naka / ナカ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. Toyama)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 裕之 / Hiroyuki Okada / オカダ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. Toyama)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-31 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2008-51 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.272 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2008-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会