お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-31 13:00
高高度発光現象及び地球ガンマ線観測を目指す超小型科学衛星SPRITE-SATの開発
氏家恵理子吉田和哉高橋幸弘坂本祐二坂野井 健東北大)・升本喜就升本技術士事務所)・笠羽康正近藤哲志東北大SANE2008-53
抄録 (和) 東北大学は50kgクラスの小型人工衛星であるスプライト観測衛星(SPRITE-SAT)を開発中であり, 2009年初頭, H-IIAのピギーバック衛星として打ち上げ予定である。本衛星は雷放電と, それに付随して発生するスプライト発光現象, およびTerrestrial Gamma-ray Flashes (TGFs)を同時観測することで, 現象の発生メカニズムを解明することがミッションである。新たに開発した伸展マストを搭載し, ほとんどのミッション機器を搭載するボトムパネルが常時地球方向を指向する重力傾斜安定方式を採用している。本文書ではミッションおよび衛星システムの概要を述べる。 
(英) Tohoku University is now developing the 50-kg microsatellite named SPRITE-SAT, and this is launched by Japanese H-IIA rocket as a piggy-back satellite in the beginning of 2009. The SPRITE-SAT observes one of transient luminous events (TLEs) in the middle and upper atmosphere, called "sprites", and terrestrial gamma-ray flashes (TGFs). The mission of SPRITE-SAT is to solve the generation mechanism of these events. The satellite has a new-model deployable mast, and the bottom panel loading almost mission instruments is pointing to the earth by the gravity gradient torque. In this paper, missions and the satellite system are explained.
キーワード (和) 小型人工衛星 / スプライト / Terrestrial Gamma-ray Flashes / 姿勢制御 / 伸展マスト / / /  
(英) microsatellite / sprite / Terrestrial Gamma-ray Flashes / attitude control / deployable mast / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 267, SANE2008-53, pp. 1-6, 2008年10月.
資料番号 SANE2008-53 
発行日 2008-10-24 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2008-53

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2008-10-31 - 2008-10-31 
開催地(和) JAXA宇宙科学研究所(相模原) 
開催地(英) ISAS:Sagamihara campus (JAXA) 
テーマ(和) 宇宙科学・衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Astronautical science, satellite technology, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2008-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高高度発光現象及び地球ガンマ線観測を目指す超小型科学衛星SPRITE-SATの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deveolement of SPRITE-SAT for TLE and TGF measurements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 小型人工衛星 / microsatellite  
キーワード(2)(和/英) スプライト / sprite  
キーワード(3)(和/英) Terrestrial Gamma-ray Flashes / Terrestrial Gamma-ray Flashes  
キーワード(4)(和/英) 姿勢制御 / attitude control  
キーワード(5)(和/英) 伸展マスト / deployable mast  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 氏家 恵理子 / Eriko Ujiie / ウジイエ エリコ
第1著者 所属(和/英) 東北大学大学院理学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 和哉 / Kazuya Yoshida / ヨシダ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 東北大学大学院工学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 幸弘 / Yukihiro Takahashi / タカハシ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学大学院理学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 祐二 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第4著者 所属(和/英) 東北大学大学院工学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野井 健 / Takeshi Sakanoi / サカノイ タケシ
第5著者 所属(和/英) 東北大学大学院理学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 升本 喜就 / Yoshinari Masumoto / マスモト ヨシナリ
第6著者 所属(和/英) 升本技術士事務所 (略称: 升本技術士事務所)
Masumoto Office of Technology (略称: Masumoto Office of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠羽 康正 / Yasumasa Kasaba / カサバ ヤスマサ
第7著者 所属(和/英) 東北大学大学院理学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 哲志 / Satoshi Kondo / コンドウ サトシ
第8著者 所属(和/英) 東北大学大学院理学研究科 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-31 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-53 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.267 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2008-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会