お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-31 16:40
複数編隊飛行衛星間の測距方式とその実験的評価
馬場広志東京電機大)・戸田知朗冨木淳史JAXA)・冨田秀穂ハイムテクノロジー)・小林岳彦東京電機大SANE2008-60
抄録 (和) 親衛星1機,子衛星4機で構成される編隊飛行衛星を用いて,磁気圏を電子スケールで観測するSCOPE(Scale COupling in the Plasma universE)計画が進められている.SCOPEでは親衛星-子衛星間のデータ送受信とクロック同期および全衛星間の測距機能が必要である.それら機能を時分割多重/時分割多元接続(TDM/TDMA)方式の衛星間通信によって実現する計画である.このシステムは任意の衛星間で測距を可能とする.我々は,親衛星1機と子衛星2機を模擬するbladeboard model(BBM)を試作し,測距性能を評価した. SCOPEの親衛星-子衛星間距離は1 kmから100 kmまで変化し,このときの要求測距精度は距離の100分の1である.提案する測距方式がこの要求精度を十分に満足することを報告する. 
(英) Scale COupling in the Plasma universE (SCOPE) is a formation flight mission ongoing in Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA). This has been studied for realizing its upcoming magnetospheric exploration with advanced instruments. In this mission, a ranging function between spacecraft is crucial along with data communications. The distance between spacecraft will vary from 1 to 100 km; and the required accuracy is a 1/100 of it. To meet these requirements, a time division multiplex and time division multiple access (TDM/TDMA) inter-spacecraft link system has been proposed. A breadboard model (BBM) comprising a mother and two daughter spacecraft was constructed. The experimental result of ranging performances met the requirements for various transmission rates of data links.
キーワード (和) 衛星間測距 / 衛星間通信 / 時分割多重方式 / 編隊飛行衛星 / / / /  
(英) Inter-satellite / Inter-spacecraft / TDM/TDMA / Formation flight / Ranging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 267, SANE2008-60, pp. 41-46, 2008年10月.
資料番号 SANE2008-60 
発行日 2008-10-24 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2008-60

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2008-10-31 - 2008-10-31 
開催地(和) JAXA宇宙科学研究所(相模原) 
開催地(英) ISAS:Sagamihara campus (JAXA) 
テーマ(和) 宇宙科学・衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Astronautical science, satellite technology, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2008-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数編隊飛行衛星間の測距方式とその実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inter-Satellite Ranging System for Multiple Spacecrafts in Formation Flight and and It's Experimental Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星間測距 / Inter-satellite  
キーワード(2)(和/英) 衛星間通信 / Inter-spacecraft  
キーワード(3)(和/英) 時分割多重方式 / TDM/TDMA  
キーワード(4)(和/英) 編隊飛行衛星 / Formation flight  
キーワード(5)(和/英) / Ranging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 広志 / Hiroshi Baba / ババ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda / トダ トモアキ
第2著者 所属(和/英) (独) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨木 淳史 / Atsushi Tomiki / トミキ アツシ
第3著者 所属(和/英) (独) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 秀穂 / Hideho Tomita / トミタ ヒデホ
第4著者 所属(和/英) ハイムテクノロジー (略称: ハイムテクノロジー)
HIM Technology (略称: HIM Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-31 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-60 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.267 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2008-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会