お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 14:10
超高速ずり変形が誘起する分子配向の直接観察
平野太一酒井啓司東大US2008-47
抄録 (和) 半径10$\mu $m程度の微小液滴球のダイナミクスは,表面張力と粘性のみで決定される.この時液滴の挙動は$\mu $sオーダーの高速現象となる.我々はこれまでの研究で,独自に開発した液滴射出システムを用いた微量かつ高速な物理量計測手法の確立に成功している.また,10 m/s程度の速さで打ち出した微小液滴の衝突によって生じるずり速度は$10^6\ \mathrm{s}^{-1}$のオーダーにまで達する.液晶のように棒状の剛直な分子が密集した系では,ずり流れと分子の回転運動との間に結合が存在する.この結合を介した配向誘起が配向緩和周波数と同程度の超高ずり速度下でも観測できることを確かめた.我々が別の手法によって測定した結合粘性の値を用いて,理論的に誘起されうる配向の大きさの妥当性について議論する. 
(英) Molecular motion in a micro particle of fluid, with approximate radius of 10$\mu $m, is determined by the surface tension and the viscosity rather than the gravity and inertia. The characteristic time scale of the macroscopic behavior of the fluid particle is in the order of a few micro seconds. Using a newly developed experimental system, we achieved the measurement of hyper rheology. The head on collision of micro particles can bring the fluid into the very high shear rate up to $10^6\ \mathrm{s}^{-1}$. In such a case of liquid crystals, the coupling between shear flow and molecular rotation plays an important role in determining the fluid properties. We observed the molecular orientation induced by the hyper shear flow, whose time scale is in the similar order of that of the orientational relaxation. The magnitude of the induced orientaional order is estimated with the coupling viscosity and the experimental conditions.
キーワード (和) 微小液滴 / 高速ずり歪み / ずりと配向のカップリング / / / / /  
(英) micro fluid particle / hyper shear rate / shear-orientation coupling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 266, US2008-47, pp. 1-4, 2008年10月.
資料番号 US2008-47 
発行日 2008-10-23 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2008-47

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-31 
開催地(和) 同志社大学 東京オフィス 
開催地(英)  
テーマ(和) 物性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2008-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高速ずり変形が誘起する分子配向の直接観察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Direct observation of molecular orientation induced by hyper shear flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 微小液滴 / micro fluid particle  
キーワード(2)(和/英) 高速ずり歪み / hyper shear rate  
キーワード(3)(和/英) ずりと配向のカップリング / shear-orientation coupling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 太一 / Taichi Hirano / ヒラノ タイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, University of Tokyo (略称: Inst. Indust. Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 啓司 / Keiji Sakai / サカイ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, University of Tokyo (略称: Inst. Indust. Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2008-47 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会