お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 14:50
弾性表面波法を利用したゲル状態変化に関する研究 ~ ゲルの乾燥過程や溶媒交換過程での応用 ~
松岡辰郎中村祥宜後藤久典香田 忍名大US2008-49
抄録 (和) 弾性表面波法は,形状に対しフラットな表面のみが制約となるのみであるため,ゲル形状の変化を伴うゲルの状態変化における弾性挙動の変化の測定に対し大きな威力を発揮する.本報告では,メチルセルロースハイドロゲルの乾燥に伴う膜形成に関する表面波速度変化とポリビニルアルコールゲルの溶媒交換過程における弾性挙動の変化について報告する. 
(英) Surface wave method is a powerful means to study elastic properties of gels with changing in shape since it only requires a flat surface in the measurements. In this study, the drying time dependence of surface wave velocity of methyl cellulose hydrogels and time dependence of shear modulus in solvent exchange processes of poly vinyl alchohol gels in are reported.
キーワード (和) 弾性表面波 / ゲル / 乾燥 / 溶媒交換 / メチルセルロース / ポリビニルアルコール / /  
(英) surface wave / gel / drying / solvent exchangee / methyl cellulose / poly vinyl alcohol / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 266, US2008-49, pp. 9-10, 2008年10月.
資料番号 US2008-49 
発行日 2008-10-23 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2008-49

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-31 
開催地(和) 同志社大学 東京オフィス 
開催地(英)  
テーマ(和) 物性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2008-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 弾性表面波法を利用したゲル状態変化に関する研究 
サブタイトル(和) ゲルの乾燥過程や溶媒交換過程での応用 
タイトル(英) Study on Gel Condition by Means of Surface Wave Method 
サブタイトル(英) Application to drying process and solvent exchange process of gels 
キーワード(1)(和/英) 弾性表面波 / surface wave  
キーワード(2)(和/英) ゲル / gel  
キーワード(3)(和/英) 乾燥 / drying  
キーワード(4)(和/英) 溶媒交換 / solvent exchangee  
キーワード(5)(和/英) メチルセルロース / methyl cellulose  
キーワード(6)(和/英) ポリビニルアルコール / poly vinyl alcohol  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 辰郎 / Tatsuro Matsuoka / マツオカ タツロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 祥宜 / Yoshiki Nakamura / ナカムラ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 久典 / Hisanori Goto / ゴトウ ヒサノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 香田 忍 / Shinobu Koda / コウダ シノブ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2008-49 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.9-10 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-US-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会