電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 17:15
応力状態を考慮した破壊操作が可能な有限要素モデルの構築
荒井良祐黒田嘉宏鍵山善之黒田知宏大城 理阪大MBE2008-62
抄録 (和) 近年,力覚提示可能なVRシステムにおいて広く用いられている有限要素モデルにおいて,ユーザの操作により生じる破壊現象の模擬は困難であった.要因は,破壊模擬の際に必要となる幾何形状や剛性マトリクスの再構築計算の計算コストが高いことにある.本研究では,仮想物体の破壊領域近傍から構成される局所オブジェクトを考え,破壊進行時に,局所オブジェクトの幾何形状および剛性マトリクスの再構築計算のみを行う事で,再構築計算コストを削減する手法を提案する.結果,破壊進行時に仮想物体全体の再構築計算を行う従来手法に比べて,提案手法では再構築計算時間が削減されたことが示された. 
(英) This paper proposed the method to reduce the calculation time of restructuring of mesh and stiffness matrix of finite element models. To reduce calculation time of restructuring, local object which is composed of the adjacent region of crack tip is defined and the mesh and stiffness matrix of local object is only restructured when destruction progresses. Moreover, the local object expands along crack when destrction progress. As a result, the calculation time of restructuring could be more reduced by proposed method from conventional method that restructured mesh and stiffness matrix of entire object.
キーワード (和) 力覚提示 / 破壊現象 / 有限要素モデル / 実時間計算 / / / /  
(英) Haptic representation / Destruction phenomenon / Finite element model / Real-time computation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 270, MBE2008-62, pp. 41-46, 2008年10月.
資料番号 MBE2008-62 
発行日 2008-10-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-62

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-30 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) Medical Engineering in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 応力状態を考慮した破壊操作が可能な有限要素モデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Finite Element Method for Destructive Manipulation considering Stress State 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力覚提示 / Haptic representation  
キーワード(2)(和/英) 破壊現象 / Destruction phenomenon  
キーワード(3)(和/英) 有限要素モデル / Finite element model  
キーワード(4)(和/英) 実時間計算 / Real-time computation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 良祐 / Ryosuke Arai / アライ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 嘉宏 / Yoshihiro Kuroda / クロダ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍵山 善之 / Yoshiyuki Kagiyama / カギヤマ ヨシユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 知宏 / Tomohiro Kuroda / クロダ トモヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 理 / Osamu Oshiro / オオシロ オサム
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-62 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会