電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 15:15
口腔咽喉音の分析による無拘束嚥下回数の計測
岡崎浩也山下光美松村雅史阪電通大)・田中信和小谷泰子野原幹司阪大歯学部附属病院MBE2008-58
抄録 (和) 嚥下機能を低下させる原因として廃用性委縮がある,しかし嚥下回数を数値化し高齢者や嚥下障害患者の嚥下回数がどのくらい低下すると廃用性委縮による嚥下機能低下につながるかはまだ不明である,よって本研究では音声による嚥下回数計測システムを用いて嚥下回数の指標確立を目指した.そこで嚥下回数の計測を日常生活中として安静時、食事時と睡眠時での比較を行った.嚥下音の収集方法は装着が容易に行える咽頭マイクロフォンを用いた.これらを計測した結果,食事時,安静時,睡眠時の順に嚥下時間間隔が短いことがわかった. 
(英) Disuse atrophy of various organs related to swallowing functions is one of the causes of swallowing disorders. In the present study, a system to measure swallowing frequency in a nonrestrictive manner over a long period of time was developed. In the present method, a throat microphone is attached to the neck region to record oral sounds. The temporal characteristics of oral sounds (swallowing sounds) that are generated as food particles pass the pharyngeal region are analyzed to differentiate swallowing sounds from oral sounds, such as phonatory sounds, snoring and coughing.
キーワード (和) 嚥下機能評価 / 嚥下回数 / 嚥下音計測 / / / / /  
(英) swallowing sounds / swallow / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 270, MBE2008-58, pp. 25-28, 2008年10月.
資料番号 MBE2008-58 
発行日 2008-10-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-58

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-30 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) Medical Engineering in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 口腔咽喉音の分析による無拘束嚥下回数の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonrestrictive measuring system of swallowing frequency by a throat microphone sound analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 嚥下機能評価 / swallowing sounds  
キーワード(2)(和/英) 嚥下回数 / swallow  
キーワード(3)(和/英) 嚥下音計測 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 浩也 / Hiroya Okazaki / オカザキ ヒロヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 光美 / Mitsumi Yamashita / ヤマシタ ミツミ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 雅史 / Masafumi Matsumura / マツムラ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 信和 / Nobukazu Tanaka / タナカ ノブカズ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学歯学部付属病院 (略称: 阪大歯学部附属病院)
Osaka University Dental Hospital (略称: Osaka University Dental Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小谷 泰子 / Yasuko Kotani / コタニ ヤスコ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学歯学部付属病院 (略称: 阪大歯学部附属病院)
Osaka University Dental Hospital (略称: Osaka University Dental Hospital)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 野原 幹司 / Kanji Nohara / ノハラ カンジ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学歯学部付属病院 (略称: 阪大歯学部附属病院)
Osaka University Dental Hospital (略称: Osaka University Dental Hospital)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-58 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会