お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 10:20
[招待講演]NEDO「次世代高効率ネットワークデバイスの開発」におけるSFQ技術開発
日高睦夫超電導工学研SCE2008-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2008-23
抄録 (和) Development of Next-generation High-efficiency Network Device Technology is a project from 2007 to 2011, launched by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) of Japan. The NEDO project is devoted to developments of optical/electronic device technologies and their integration/packaging as well as system demonstrations of large-scale edge routers and ultra high-speed local area networks are being developed. Optical, semiconductor and superconductor devices are included in the project to accomplish the ends. Superconductive Single-Flux Quantum (SFQ) device is shown to operate at a more than 100 GHz clock frequency with less than 1W power consumption per gate. It is attractive to realize extremely huge router with low power dissipation. In the NEDO project, SRL/ISTEC is investigating some significant technologies for implementing large-scale SFQ systems, such as optical I/O, current recycle and cryo-packaging. Besides the investigations, a small-scale application using the SFQ device is developing. The system is a superconductive real-time oscilloscope (SRO) which measures high-speed waveform regardless of its periodicity. 
(英) Development of Next-generation High-efficiency Network Device Technology is a project from 2007 to 2011, launched by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) of Japan. The NEDO project is devoted to developments of optical/electronic device technologies and their integration/packaging as well as system demonstrations of large-scale edge routers and ultra high-speed local area networks are being developed. Optical, semiconductor and superconductor devices are included in the project to accomplish the ends. Superconductive Single-Flux Quantum (SFQ) device is shown to operate at a more than 100 GHz clock frequency with less than 1W power consumption per gate. It is attractive to realize extremely huge router with low power dissipation. In the NEDO project, SRL/ISTEC is investigating some significant technologies for implementing large-scale SFQ systems, such as optical I/O, current recycle and cryo-packaging. Besides the investigations, a small-scale application using the SFQ device is developing. The system is a superconductive real-time oscilloscope (SRO) which measures high-speed waveform regardless of its periodicity.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Superconductor / SFQ circuit / REal-time oscilloscope / AD converter / Waveform monitoring / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 268, SCE2008-23, pp. 5-10, 2008年10月.
資料番号 SCE2008-23 
発行日 2008-10-23 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2008-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2008-23

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-30 
開催地(和) 産業技術総合研究所(つくば) 
開催地(英) AIST 
テーマ(和) 単一磁束量子大規模集積回路技術の現状と将来展望、デジタル応用および一般 
テーマ(英) Present status and future prospects for single flux quantum LSI technology, Digital application, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2008-10-SCE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) NEDO「次世代高効率ネットワークデバイスの開発」におけるSFQ技術開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SFQ Technology Developments in NEDO Next-Generation High-Efficiency Network Device project 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Superconductor  
キーワード(2)(和/英) / SFQ circuit  
キーワード(3)(和/英) / REal-time oscilloscope  
キーワード(4)(和/英) / AD converter  
キーワード(5)(和/英) / Waveform monitoring  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日高 睦夫 / Mutsuo Hidaka / ヒダカ ムツオ
第1著者 所属(和/英) 超電導工学研究所 (略称: 超電導工学研)
Superconductivity Research Laboratory (略称: SRL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 10:20:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2008-23 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会