お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-30 15:50
ネックバンド型心電計測デバイスを用いた心電図R波計測システム
水野愛弓奥村英史松村雅史阪電通大MBE2008-59
抄録 (和) 本研究では被験者に拘束感・侵襲を与えることなく生体情報のモニタリングを可能とするネックバンド型心電計測デバイスの開発を行った。ネックバンド型心電計測デバイスは3つの電極が埋め込まれており、これを首に装着するのみで心電図R波の計測が行える。生体計測を行う際、電極に電解質ペーストやゲルを塗ることが一般的であるが、本法ではそれらを一切用いない乾式電極を使用しているため、長時間生体計測を行った際にも、電解質ペーストやゲルなどによるかぶれといった皮膚障害を起こさず、脱着も容易であるという特徴を持つ。 
(英) This paper describes a new non-restrictive ECG lead method using a neckband which places a dry-type activity electrode on a neck surface. The neckband type ECG monitoring system consists of a dry-type activity electrode, an instrumentation amplifier, and a neckband. In order to prevent an induction-noise contamination, the dry-type activity electrode is united with the instrumentation circuit of high input impedance. Since this method can lead an ECG R wave by attaching an activity electrode without a paste to the neck in a neckband, it has an advantage which can be used by an activity of daily living.
キーワード (和) ネックバンド / ECG / 無拘束計測 / / / / /  
(英) neckband / ECG / non-restrictive ECG lead method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 270, MBE2008-59, pp. 29-32, 2008年10月.
資料番号 MBE2008-59 
発行日 2008-10-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-59

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2008-10-30 - 2008-10-30 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) Medical Engineering in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネックバンド型心電計測デバイスを用いた心電図R波計測システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ECG R Wave Measurement System that Used Neckband 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネックバンド / neckband  
キーワード(2)(和/英) ECG / ECG  
キーワード(3)(和/英) 無拘束計測 / non-restrictive ECG lead method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 愛弓 / Ayumi Mizuno / ミズノ アユミ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro Communication University (略称: Osaka Electro Communication Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 英史 / Hidefumi Okumura / オクムラ ヒデフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro Communication University (略称: Osaka Electro Communication Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 雅史 / Masafumi Matsumura / マツムラ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro Communication University (略称: Osaka Electro Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-30 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-59 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2008-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会