お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-24 13:40
波長スイッチ時におけるSSG-DBRレーザのキャリアプラズマ効果および熱ドリフトの検討
森 崇嘉植之原裕行小林功郎東工大OCS2008-75 OPE2008-118 LQE2008-87 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-118 LQE2008-87
抄録 (和) 近年のIP 系トラフィックの急激な増加に対処するため,光パケットスイッチの研究が盛んとなっている.光パケットスイッチに高速波長可変レーザと波長変換器,AWGRの組み合わせから構成される波長スイッチを導入することは波長多重による低パケット棄却率と少ない素子数が可能となるため有利であると考えられる.しかしながら,波長スイッチに導入する高速波長可変レーザにおいて,波長スイッチングの際の波長変動が強度変動に影響を及ぼし,マルチホップ後には大きな影響となる.そこで今回,我々は波長スイッチ構成に用いる波長可変レーザとしてSSG-DBR-LDを利用することを想定し,動的に波長を切り替えた際の出力信号の波長変動についてプラズマ効果と熱ドリフトの観点から検討を行ったので報告する. 
(英) Much attention has been paid to the research of an optical packet switch because it is expected to handle huge amount of IP traffic in recent years. Introducing the wavelength switch using a tunable laser (T-LD), a wavelength converter (W.C.) and an AWGR into the optical packet switch enables low packet loss rate and a small number of elements. However, the wavelength change in wavelength switching operation causes the output power change, and it becomes a big influence after the multi-hops. In this paper, we investigated the chirp characteristics of a SSG-DBR-LD in wavelength switching operation for the optical wavelength switch. Behavior of carrier plasma and thermal drift will be presented.
キーワード (和) 光バッファシステム / 波長スイッチ / 波長可変レーザ / チャープ / / / /  
(英) Optical Buffering System / Wavelength Switch / Tunable Laser Diode / Chirp / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 261, LQE2008-87, pp. 143-148, 2008年10月.
資料番号 LQE2008-87 
発行日 2008-10-16 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2008-75 OPE2008-118 LQE2008-87 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-118 LQE2008-87

研究会情報
研究会 OCS LQE OPE  
開催期間 2008-10-23 - 2008-10-24 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 超高速 伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術、受光デバイス,高光出力伝送技術,一般,(ECOC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2008-10-OCS-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長スイッチ時におけるSSG-DBRレーザのキャリアプラズマ効果および熱ドリフトの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Carrier Plasma Effect and Thermal Drift of a SSG-DBR-LD in Wavelength Switching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光バッファシステム / Optical Buffering System  
キーワード(2)(和/英) 波長スイッチ / Wavelength Switch  
キーワード(3)(和/英) 波長可変レーザ / Tunable Laser Diode  
キーワード(4)(和/英) チャープ / Chirp  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 崇嘉 / Takayoshi Mori / モリ タカヨシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植之原 裕行 / Hiroyuki Uenohara / ウエノハラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 功郎 / Kohroh Kobayashi / コバヤシ コウロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-24 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-OCS2008-75,IEICE-OPE2008-118,IEICE-LQE2008-87 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.259(OCS), no.260(OPE), no.261(LQE) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2008-10-16,IEICE-OPE-2008-10-16,IEICE-LQE-2008-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会