お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-24 09:20
オンチップ・マルチチャネルモニタにおける波形取得アルゴリズムの実装と評価
荒賀佑樹橋田拓志永田 真神戸大ICD2008-80 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2008-80
抄録 (和) 大規模SoCのチップ内部を多点観測するオンチップモニタシステムを提案する。
オンチップモニタ回路はチップ内の対象信号をオンチップでデジタイズする複数の検出フロントエンドと、
検出フロントエンドのデジタル出力列を処理するデータ処理ユニットで構成される。
バックエンドデータ処理系と統合しプロトタイプを構築した。
本研究では、オンチップモニタの性能指標として、(1)波形取得アルゴリズム適用による測定速度および(2)モニタシステムの線形性の評価を行った。
その結果、波形取得アルゴリズムにより測定速度は従来手法と比較して92.2\%削減され、
線形性評価においてサンプリングレート200MHz、有効帯域を25MHzとした場合、
SNDRで51.5dB、SFDRで59.1dBとなり、モニタシステムの有効ビット数8.2bitを実現した。 
(英) Multi-channel waveform monitoring system for large-scale SoCs.
The system consists of probing front end circuits and a waveform acquisition kernel.
In this paper,we constructed an on-chip waveform capturing system.
We evaluated throughput of digitization and linearity of monitor system,which are the most important performance measures.
The proposed algorithm reduces 92.2\% of transactions from a conventional algorithm,
and demonstrates 59.1dB SFDR, 51.5dB SNDR and 8.2 ENOB at 200 Ms/s for 25-MHz bandwidth.
キーワード (和) アナログミックストシグナルLSI / オンチップテスト / / / / / /  
(英) Mixed signal LSI / On-chip testing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 253, ICD2008-80, pp. 125-130, 2008年10月.
資料番号 ICD2008-80 
発行日 2008-10-15 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2008-80 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2008-80

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2008-10-22 - 2008-10-24 
開催地(和) 北海道大学 情報教育館3F 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2008-10-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンチップ・マルチチャネルモニタにおける波形取得アルゴリズムの実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of algorithms for waveform acquisition in on-chip multi-channel monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アナログミックストシグナルLSI / Mixed signal LSI  
キーワード(2)(和/英) オンチップテスト / On-chip testing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒賀 佑樹 / Yuuki Araga / Yuuki Araga
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋田 拓志 / Takushi Hashida / ハシダ タクシ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 真 / Makoto Nagata / ナガタ マコト
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-24 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2008-80 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2008-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会