お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-23 09:00
10 Gbit/s動作SOA集積型n-p-i-n構造 InPマッハツェンダ変調器
保井孝子柴田泰夫都築 健菊池順裕荒井昌和川口悦弘NTT)・八坂 洋東北大OCS2008-47 OPE2008-90 LQE2008-59 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-90 LQE2008-59
抄録 (和) SOAとn-p-i-n構造InP マッハツェンダ変調器(MZM)をモノリシック集積し(SOA-MZM)、C帯全域でチップ利得10 dB以上を実現した.このSOA-MZMを用いて10 Gbit/s NRZ信号を生成し、シングルモードファイバ(SMF)100 km伝送におけるエラーフリー動作を確認した.さらに、プッシュプル駆動電圧2.8 VppでSOA-MZMを駆動し、10 Gbit/s デュオバイナリ光信号を生成した.SMF 200 km伝送実験を行った結果、波長1540 nm から1560 nmの範囲でエラーフリー動作を実証した.本デバイスは、小型で低駆動電圧動作を特長とするロスレス光変調器として有望である. 
(英) An InP n-p-i-n Mach-Zehnder modulator and a semiconductor optical amplifier were monolithically integrated to compensate for the modulator’s insertion loss. The device gain exceeded 10 dB for the full C-band region. The error free transmission of a 10-Gbit/s non-return-to-zero signal over a 100-km single-mode fiber was demonstrated across the full C-band region. 10-Gbit/s optical duobinary transmission over a 200-km single-mode fiber is also demonstrated at a low driving voltage of 2.8 V with a push-pull configuration. A power penalty of less than 6 dB was obtained in the 1540 to 1560 nm wavelength region.
キーワード (和) マッハツェンダ干渉型変調器 / 半導体光増幅器 / モノリシック集積 / NRZ信号伝送 / デュオバイナリ信号伝送 / / /  
(英) Mach-Zehnder interferometer / Modulator / Semiconductor optical amplifiers / Monolithical integration / NRZ signal transmission / Duobinary signal transmission / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 261, LQE2008-59, pp. 1-6, 2008年10月.
資料番号 LQE2008-59 
発行日 2008-10-16 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2008-47 OPE2008-90 LQE2008-59 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-90 LQE2008-59

研究会情報
研究会 OCS LQE OPE  
開催期間 2008-10-23 - 2008-10-24 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 超高速 伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術、受光デバイス,高光出力伝送技術,一般,(ECOC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2008-10-OCS-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 10 Gbit/s動作SOA集積型n-p-i-n構造 InPマッハツェンダ変調器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 10-Gbit/s InP n-p-i-n Mach-Zehnder Modulator Monolithically Integrated with SOA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マッハツェンダ干渉型変調器 / Mach-Zehnder interferometer  
キーワード(2)(和/英) 半導体光増幅器 / Modulator  
キーワード(3)(和/英) モノリシック集積 / Semiconductor optical amplifiers  
キーワード(4)(和/英) NRZ信号伝送 / Monolithical integration  
キーワード(5)(和/英) デュオバイナリ信号伝送 / NRZ signal transmission  
キーワード(6)(和/英) / Duobinary signal transmission  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 保井 孝子 / Takako Yasui / ヤスイ タカコ
第1著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 泰夫 / Yasuo Shibata / シバタ ヤスオ
第2著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 都築 健 / Ken Tsuzuki / ツヅキ ケン
第3著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 順裕 / Nobuhiro Kikuchi / キクチ ノブヒロ
第4著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 昌和 / Masakazu Arai / アライ マサカズ
第5著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 悦弘 / Yoshihiro Kawaguchi / カワグチ ヨシヒロ
第6著者 所属(和/英) NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八坂 洋 / Hiroshi Yasaka / ヤサカ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-23 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-OCS2008-47,IEICE-OPE2008-90,IEICE-LQE2008-59 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.259(OCS), no.260(OPE), no.261(LQE) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2008-10-16,IEICE-OPE-2008-10-16,IEICE-LQE-2008-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会