お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-23 16:35
中継ノードの間欠動作による低消費電力な広域センサネットワーク構成法の検討
宝田陽子内海富博行松健一今野 健洪 志偉小林真人秋田大NS2008-79
抄録 (和) 本研究では,センシングするノードとデータを中継するノードを分けたメッシュ型センサネットワークに対し,中継ノードを間欠動作させることで,受信待機電力を削減し,低消費電力化を図る方式について提案した.低消費電力なネットワークを構成するためのパラメータとして,センサノードの通信可能な範囲内にある中継ノード数,中継ノード間距離,中継ノードの稼働率について,それぞれの関係を明らかにした.また,中継ノードの間欠動作に対応したルーティング方式を提案し,コンピュータシミュレーションにより,中継ノードの間欠動作でネットワーク全体の消費電力が削減できるセンサネットワークの実現可能性を示した. 
(英) In this study, we propose an energy-saving method that reduces the waiting power to receive by intermittent relaying nodes operation. We reveal the relationship between parameters, the number of relaying nodes at the area which can communicate a sensor node, the distance between relaying nodes, and the operation rate of relaying nodes. And we propose a routing method which is suitable for intermittent relaying node operation. We simulate the routing method and intermittent relaying node operation at the gird-type network topology. Then we reveal the feasibility of sensor networks which can reduce the power consumption of networks.
キーワード (和) センサネットワーク / 間欠動作 / 消費電力 / 稼働率 / 到達率 / / /  
(英) Sensor Network / Intermittent Operation / Power Consumption / Operation Rate / Arrival Rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 258, NS2008-79, pp. 65-70, 2008年10月.
資料番号 NS2008-79 
発行日 2008-10-16 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-79

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2008-10-23 - 2008-10-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英) Kansai University 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(ユビキタスNW、スケールフリーNW、RoN、アクティブNW)、高速Ethernet、グリッドNW、センサNW、一般 
テーマ(英) Network Architecture, High-speed Ethernet, Grid Network, Sensor Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2008-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中継ノードの間欠動作による低消費電力な広域センサネットワーク構成法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Energy-saving Wide-area Sensor Networks based on Intermittent Relaying Nodes Operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) 間欠動作 / Intermittent Operation  
キーワード(3)(和/英) 消費電力 / Power Consumption  
キーワード(4)(和/英) 稼働率 / Operation Rate  
キーワード(5)(和/英) 到達率 / Arrival Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宝田 陽子 / Yoko Hoda / ホウダ ヨウコ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 富博 / Tomihiro Utsumi / ウツミ トミヒロ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 行松 健一 / Ken-ichi Yukimatsu / ユキマツ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今野 健 / Takeshi Konno / コンノ タケシ
第4著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 洪 志偉 / Zhiwei Hong / コウ シイ
第5著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真人 / Mahito Kobayashi / コバヤシ マヒト
第6著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-23 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-79 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2008-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会