電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-22 14:45
Cyclic方式D/Aコンバータの特徴を生かしたリニアリティ特性改善手法
齋藤 航小林英尚松本哲也四柳道夫NECエレクトロニクスICD2008-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2008-62
抄録 (和) Cyclic方式D/Aコンバータ(DAC)の単調性を保証できるようにするために、このDACの特徴を生かしながら、リニアリティ(微分直線性誤差、DNL)特性を改善させるためのキャリブレーション手法を考案した。
また、90nm CMOS プロセスを用いて試作した10bit Cyclic DACに本手法を適用した結果、10bit精度までしか単調性が保証できなかった本DACにおいて、12bit精度でも単調性を保証できることを確認できた。 
(英) This paper presents a calibration technique suitable for Cyclic D/A Converters (DAC) which improves Differential Non Linearity(DNL) to guarantee DAC’s monotonicity.
We confirmed 10bit Cyclic DACs fabricated in a 90nm CMOS process could operate as 12bit accuracy after applying this technique.
キーワード (和) Cyclic方式D/Aコンバータ / ディジタルキャリブレーション / / / / / /  
(英) Cyclic D/A Converter / Digital Calibration / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 253, ICD2008-62, pp. 19-24, 2008年10月.
資料番号 ICD2008-62 
発行日 2008-10-15 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2008-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2008-62

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2008-10-22 - 2008-10-24 
開催地(和) 北海道大学 情報教育館3F 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2008-10-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Cyclic方式D/Aコンバータの特徴を生かしたリニアリティ特性改善手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Linearity Improvement Technique for Cyclic D/A Converters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cyclic方式D/Aコンバータ / Cyclic D/A Converter  
キーワード(2)(和/英) ディジタルキャリブレーション / Digital Calibration  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 航 / Wataru Saito / サイトウ ワタル
第1著者 所属(和/英) NECエレクトロニクス株式会社 (略称: NECエレクトロニクス)
NEC Electronics Corporation (略称: NEC Electronics)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 英尚 / Hidenao Kobayashi / コバヤシ ヒデナオ
第2著者 所属(和/英) NECエレクトロニクス株式会社 (略称: NECエレクトロニクス)
NEC Electronics Corporation (略称: NEC Electronics)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetsuya Matsumoto / マツモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) NECエレクトロニクス株式会社 (略称: NECエレクトロニクス)
NEC Electronics Corporation (略称: NEC Electronics)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 四柳 道夫 / Michio Yotsuyanagi / ヨツヤナギ ミチオ
第4著者 所属(和/英) NECエレクトロニクス株式会社 (略称: NECエレクトロニクス)
NEC Electronics Corporation (略称: NEC Electronics)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-22 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2008-62 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2008-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会