お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-22 15:15
ダイナミックスペクトラムアクセスネットワークにおける負荷分散手法の適用
Stanislav FilinHiroshi HaradaHomare MurakamiKentaro IshizuGoh MiyamotoHa Nguyen TranNICT)・Mikio Hasegawa東京理科大/NICTSR2008-39
抄録 (和) In this paper, dynamic spectrum access scenario where cognitive terminal having multi-homing capability dynamically access frequency bands assigned to different radio access networks is considered. For this scenario, QoS-guaranteed load-balancing dynamic spectrum access algorithm is proposed. For each cognitive terminal, this algorithm selects wireless access nodes to connect to. Also, it selects amount of data to transmit via each connection. Performance of the proposed dynamic spectrum access algorithm is compared to SINR-based and load-balancing vertical handover algorithms using simulation. It is shown that the proposed load-balancing dynamic spectrum access algorithm has considerable network capacity gain compared to both load-balancing and SINR-based vertical handover algorithms. Compared to load-balancing handover algorithm, this gain is equal to 10 40 % depending on traffic rate per cognitive terminal. 
(英) In this paper, dynamic spectrum access scenario where cognitive terminal having multi-homing capability dynamically access frequency bands assigned to different radio access networks is considered. For this scenario, QoS-guaranteed load-balancing dynamic spectrum access algorithm is proposed. For each cognitive terminal, this algorithm selects wireless access nodes to connect to. Also, it selects amount of data to transmit via each connection. Performance of the proposed dynamic spectrum access algorithm is compared to SINR-based and load-balancing vertical handover algorithms using simulation. It is shown that the proposed load-balancing dynamic spectrum access algorithm has considerable network capacity gain compared to both load-balancing and SINR-based vertical handover algorithms. Compared to load-balancing handover algorithm, this gain is equal to 10 40 % depending on traffic rate per cognitive terminal.
キーワード (和) dynamic spectrum access / quality-of-service (QoS) / load balancing / / / / /  
(英) dynamic spectrum access / quality-of-service (QoS) / load balancing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 250, SR2008-39, pp. 7-14, 2008年10月.
資料番号 SR2008-39 
発行日 2008-10-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2008-39

研究会情報
研究会 SR RCS USN AN  
開催期間 2008-10-22 - 2008-10-24 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa industry support center 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク(WDN)特集セッションおよび一般講演 
テーマ(英) Wireless discributed network special session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2008-10-SR-RCS-USN-AN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ダイナミックスペクトラムアクセスネットワークにおける負荷分散手法の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applying Load-Balancing Approach in Dynamic Spectrum Access Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) dynamic spectrum access / dynamic spectrum access  
キーワード(2)(和/英) quality-of-service (QoS) / quality-of-service (QoS)  
キーワード(3)(和/英) load balancing / load balancing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Stanislav Filin / Stanislav Filin /
第1著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroshi Harada / Hiroshi Harada /
第2著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Homare Murakami / Homare Murakami /
第3著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Kentaro Ishizu / Kentaro Ishizu /
第4著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Goh Miyamoto / Goh Miyamoto /
第5著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Ha Nguyen Tran / Ha Nguyen Tran /
第6著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Mikio Hasegawa / Mikio Hasegawa /
第7著者 所属(和/英) Tokyo University of Science (略称: 東京理科大/NICT)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science/NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-22 15:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2008-39 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.250 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2008-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会