電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-17 11:20
形式化数学言語システムMizarを用いたCMS/Moodleの数理演習モジュール開発
三輪辰雄アルファネット)・和崎克己信州大)・遠藤 登岐阜高専)・師玉康成信州大ET2008-41
抄録 (和) 我々は,形式化数学の記述言語であるMizar言語を学習するために,オープンソースのコースマネージメントシステムとして知られるMoodle上で機能するモジュールを開発した.このモジュールは,学生がMizar 証明文の書き方を学び数学の能力を涵養することに役立てることができる.本稿では,今回作成したモジュールの機能及び本モジュールを用いたサンプル課題(乗算回路の等価性の証明)の作成および実装について報告する. 
(英) e have developed the module which is working on Moodle known as Open Source CMS(Course Management System) or LMS(Learning Management System), which aim to learn the formalized mathematics with Mizar language.
This module helps students learning how to write Mizar article and fostering mathematical ability. In this article, we report the function of this module and making the sample question being used this module which is on the proof of the equivalent of digital circuit between two multiplication circuits.
キーワード (和) e-learning / 遠隔教育 / LMS Moodle / 形式化数学 / Mizar プルーフチェッカ / 課題生成 / /  
(英) e-learning / distance learning / LMS Moodle / formalized mathematics / Mizar proof checker / assignment generation / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 247, ET2008-41, pp. 11-16, 2008年10月.
資料番号 ET2008-41 
発行日 2008-10-10 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-41

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-10-17 - 2008-10-17 
開催地(和) 岡山理科大 
開催地(英)  
テーマ(和) e-learning/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 形式化数学言語システムMizarを用いたCMS/Moodleの数理演習モジュール開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Development of CMS/Moodle Assignment Module for Interactive Mathematical Exercises by using Mizar Proof Checking System in Formalized Mathematics. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) e-learning / e-learning  
キーワード(2)(和/英) 遠隔教育 / distance learning  
キーワード(3)(和/英) LMS Moodle / LMS Moodle  
キーワード(4)(和/英) 形式化数学 / formalized mathematics  
キーワード(5)(和/英) Mizar プルーフチェッカ / Mizar proof checker  
キーワード(6)(和/英) 課題生成 / assignment generation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 辰雄 / Tatsuo Miwa / ミワ タツオ
第1著者 所属(和/英) アルファネット (略称: アルファネット)
alphanet (略称: anet)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和崎 克己 / Katsumi Wasaki / ワサキ カツミ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 登 / Noboru Endo / エンドウ ノボル
第3著者 所属(和/英) 岐阜工業高等専門学校 (略称: 岐阜高専)
Gifu National College of Technology (略称: gifu-nct)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 師玉 康成 / Yasunari Shidama / シダマ ヤスナリ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-17 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-41 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.247 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会