お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-17 13:35
3次元加振機構による電気接点の劣化現象 ~ 3D加振機構の加振特性 ~
和田真一越田圭治峯岸寛人園田健人菊地光男久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎慶大EMD2008-60 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-60
抄録 (和) 著者らは,ハンマリング加振機構や摺動接触機構などの1次元加振機構を3次元に発展させた,実用的振動をシミュレートできる3次元加振機構を考案した.様々な入力周波数における加速度・変位,正弦波入力に対する出力波形,及び,ステージにおけるX,Y,Z軸の機械的相互干渉などの,この機構の基本特性と測定した.この測定結果により,この機構は,微小振動に影響された電気接点の劣化現象を,既出の機構より実用的なレベルで発生させる可能性を持っていることが示唆された.また同時に,機構において,例えば,機構自身の精密化やフィードバック制御などの方法を用いて改良する必要性についても示された. 
(英) 3-D oscillation mechanism has been designed to simulate real vibrations that expanded 1-D oscillation mechanism (that is to say hammering oscillation mechanism and sliding contact mechanism) into 3-D. And the fundamental characteristics of the mechanism are obtained, such as acceleration and displacement at various frequencies, output wave forms to sinusoidal inputs, and mechanical interferences in the X, Y, and Z-directions of the stage. Experimental results suggested that the mechanism could detect more real degradation phenomenon on contacts by the influences of micro-vibration. However, it is necessary that the mechanism should be improved, for instance, in precision mechanism and in feedback control.
キーワード (和) 電気接点 / 3次元加振機構 / 磁歪アクチュエータ / 微小振動 / 接触抵抗 / ハンマリング加振機構 / 摺動接触機構 /  
(英) electrical contact / 3-D oscillating mechanism / magnetostrictive actuator / micro-vibration / contact resistance / hammering oscillation mechanism / sliding contact mechanism /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 246, EMD2008-60, pp. 1-6, 2008年10月.
資料番号 EMD2008-60 
発行日 2008-10-10 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2008-60 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-60

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2008-10-17 - 2008-10-17 
開催地(和) 東京都八王子労政会館 
開催地(英)  
テーマ(和) トライボロジ・一般(共催:継電器・コンタクトテクノロジ研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2008-10-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元加振機構による電気接点の劣化現象 
サブタイトル(和) 3D加振機構の加振特性 
タイトル(英) Degradation phenomenon of electrical contacts by 3-D oscillating mechanism 
サブタイトル(英) Oscillating characteristics of 3-D oscillating mechanism 
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / electrical contact  
キーワード(2)(和/英) 3次元加振機構 / 3-D oscillating mechanism  
キーワード(3)(和/英) 磁歪アクチュエータ / magnetostrictive actuator  
キーワード(4)(和/英) 微小振動 / micro-vibration  
キーワード(5)(和/英) 接触抵抗 / contact resistance  
キーワード(6)(和/英) ハンマリング加振機構 / hammering oscillation mechanism  
キーワード(7)(和/英) 摺動接触機構 / sliding contact mechanism  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真一 / Shin-ichi Wada / ワダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 圭治 / Keiji Koshida / コシダ ケイジ
第2著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯岸 寛人 / Hiroto Minegishi / ミネギシ ヒロト
第3著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 健人 / Taketo Sonoda / ソノダ タケト
第4著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 光男 / Mitsuo Kikuchi / キクチ ミツオ
第5著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 洋彰 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第7著者 所属(和/英) 慶応義塾大学理工学部 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-17 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-60 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2008-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会