お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-17 11:15
高温環境下における配管減肉検知用光ファイバセンサケーブル
田中志明岡田直樹宮本末廣フジクラ)・岸田欣増李 哲賢山内良昭ニューブレクス)・鈴木裕晶千代田アドバンストソリューションズOFT2008-37
抄録 (和) 我々は、局所的な歪変化に対して非常に良好な検知感度を有する耐熱センサケーブルを開発した。温度検出センサコードを耐熱センサケーブルと共設することで、高温環境下における温度補償を実現し、配管減肉に起因する歪変化を高精度に検知することを可能とした。さらに、測定により得られた表面歪情報を3次元逆解析により解析することで、従来のUT検査と同等の減肉分布を得られた。 
(英) We developed heat-resistant optical fiber sensor cable, exhibiting excellent sensitivity to local strain variations. By installing the temperature compensation cable along the heat-resistant sensor cable, we can obtain the strain due to pipe tinning with high accuracy in high temperature environment conditions. The strain measurements acquired by means of the cable was used in 3D structural analysis, allowing us to detect pipeline wall thinning with high accuracy.
キーワード (和) 光ファイバ / センサ / 配管減肉 / 温度補償 / / / /  
(英) Optical fiber / SSensor / Pipe wall thinning / Temperature compensation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 245, OFT2008-37, pp. 15-18, 2008年10月.
資料番号 OFT2008-37 
発行日 2008-10-10 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2008-37

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2008-10-17 - 2008-10-17 
開催地(和) 芝浦工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2008-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高温環境下における配管減肉検知用光ファイバセンサケーブル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical fiber sensor cable for pipe thinning detection in high temperature environment conditions. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) センサ / SSensor  
キーワード(3)(和/英) 配管減肉 / Pipe wall thinning  
キーワード(4)(和/英) 温度補償 / Temperature compensation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 志明 / Shimei Tanaka / タナカ シメイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: FJK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 直樹 / Naoki Okada / オカダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: FJK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 末廣 / Matsuhiro Miyamoto / ミヤモト マツヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: FJK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 欣増 / Kinzo Kishida / キシダ キンゾウ
第4著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co., Ltd (略称: NB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 哲賢 / Li Che-Hsien / リ テッケン
第5著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co., Ltd (略称: NB)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 良昭 / Yoshiaki Yamauchi / ヤマウチ ヨシアキ
第6著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co., Ltd (略称: NB)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕晶 / Hiroaki Suzuki / スズキ ヒロアキ
第7著者 所属(和/英) 千代田アドバンストソリューションズ株式会社 (略称: 千代田アドバンストソリューションズ)
Chiyoda Advanced Solutions Corporation (略称: ChAS)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-17 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2008-37 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.245 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2008-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会