電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-26 10:55
Mesh of Treesトポロジにおけるトレースバックのメッセージ伝達効率に関する一考察
宮本大輔櫨山寛章門林雄基奈良先端大IA2008-32
抄録 (和) 本論文では,現在のインターネットのトポロジとして知られる Mesh of Trees トポロジにおける,トレースバックにおける追跡メッセージの伝達効率に関する考察を行う.IP トレースバック方式の1つである InterTrackは逆探知を行うために送受信する追跡メッセージの数が,トポロジの複雑であればあるほど増加する.そこで,Mesh of Trees トポロジにおいてメッシュを構成するコアAS,ツリーを構成するリーフAS,及びその中間にあたる中規模ASにそれぞれトレースバック装置を配備した場合を想定する.その上で,CAIDA の提供する AS 隣接データセットを用い,各AS群にトレースバック装置を配備した際における,追跡メッセージ数と追跡可能性について調査を行い,メッセージ伝達効率を観察する.この観察結果に基づき,追跡メッセージの伝達効率が高い配備シナリオについても考察を行う. 
(英) In this paper, we explain the effectiveness of traceback messages forwarding in mesh of trees network topology. Within our proposed IP traceback system, named InterTrack, the number of the messages for discovering the attack source and/or constructing attack path would increase when the network topology is complicated. We focus on mesh of trees network topology and assume our system deployed in the core ASes which organize mesh network, the leaf ASes which organize tree network, and other ASes, respectively. We investigate both the number of traceback messages forwarding and the traceability to observe the effectiveness of traceback messages forwarding. Based on our observation, we also consider the deployment scenario to improve the effectiveness.
キーワード (和) トレースバック / InterTrack / Mesh of Trees / トポロジ / / / /  
(英) Traceback / InterTrack / Mesh of Trees / Topology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 223, IA2008-32, pp. 19-24, 2008年9月.
資料番号 IA2008-32 
発行日 2008-09-19 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-32

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-09-26 - 2008-09-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 研究開発テストベッド構築・利用、一般 
テーマ(英) Internet and Its Application Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-09-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mesh of Treesトポロジにおけるトレースバックのメッセージ伝達効率に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration for Effectiveness of Traceback Messages Forwarding in Mesh of Trees Topology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トレースバック / Traceback  
キーワード(2)(和/英) InterTrack / InterTrack  
キーワード(3)(和/英) Mesh of Trees / Mesh of Trees  
キーワード(4)(和/英) トポロジ / Topology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 大輔 / Daisuke Miyamoto / ミヤモト ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 寛章 / Hiroaki Hazeyama / ハゼヤマ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 門林 雄基 / Youki Kadobayashi / カドバヤシ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-26 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-32 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-09-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会