電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-26 13:55
最大最小位相分解に基づくpre-inverse適応システムと収束条件
小林正樹・○王 馳中部大)・衣笠保智松江高専)・伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 未知系の伝達関数の逆数を推定することを目的として,未知系の前段に適応フィルタを配置した構成の適応システムは一般にpre-inverse 適応システムと呼ばれる.未知系の伝達関数そのものは適応トランスバーサルフィルタにより容易に推定できるが,その逆数の実現性の保証がないために種々の適応システムが検討されてきた.その代表例がfiltered-xアルゴリズムを用いた適応システムである.このシステムは推定誤差を有する補助の適応フィルタの出力を用いて前段の適応フィルタを制御するために,正しい適応動作は期待できない.これに対し最大最小位相分解手法を用いれば,各々の伝達関数の逆数が遅延を含む安定な伝達関数となるために,補助の適応フィルタは不要となりこれにより正しい適応動作が期待できる.本論文ではこの手法に基づく適応システムを提案し,その収束条件を定式化する.適応システムの出力が常に入力信号の遅延に等しいという性質を用いてヘッセ行列を求め,これが正定値となることを示す.この結果,収束条件が定式化される.これらの理論検討結果は計算機シミュレーションにより厳密に検証される. 
(英) In general, the adaptive system using the structure in which an adaptive filter is placed before the unknown system to estimate the inverse transfer function of the unknown system is called pre-inverse adaptive system. The transfer function of the unknown system can be easily estimated by an adaptive transversal filter. Since there is no guarantee that the inverse transfer function of the estimated transfer function can be realized, various adaptive system has been studied. The representative example is an adaptive system that used the filtered-x adaptive algorithm. The correct adaptive performance cannot be expected since this system controls the main adaptive filter by using the output signal of the auxiliary adaptive filter that has the estimation error. In the maximum and minimum phase decomposition approach, the inverse of each transfer function becomes a stable transfer function that contains the delay so that the auxiliary adaptive filter becomes unnecessary and the correct adaptive performance can be expected. In this paper we propose an adaptive system and formulate the convergence condition of this adaptive system. Hessian is derived using the property that the output signal of the adaptive system always equals to the delay version of the input signal, and it is shown that Hessian becomes a positive definite. As a result, the convergence condition is formulated. Finally, these results of theoretical consideration are verified strictly by computer simulation.
キーワード (和) 最大位相 / ディジタル制御 / ディジタル信号処理 / 伝達関数 / 適応アルゴリズム / / /  
(英) Maximum Phase / Digital Control / Digital Signal Processing / Transfer Function / Adaptive Algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 214, SIS2008-37, pp. 71-76, 2008年9月.
資料番号 SIS2008-37 
発行日 2008-09-18 (SIP, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS SIP IPSJ-AVM  
開催期間 2008-09-25 - 2008-09-26 
開催地(和) 九州工業大学戸畑キャンパス 付属図書館AVホール 
開催地(英) Tobata Campus, Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 信号処理,知的マルチメディアシステム,および一般 
テーマ(英) Signal Processing, Intelligent Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-09-SIS-SIP-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大最小位相分解に基づくpre-inverse適応システムと収束条件 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Pre-Inverse Adaptive System and Its Convergence Condition Based on Maximum and Minimum Phase Decomposition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最大位相 / Maximum Phase  
キーワード(2)(和/英) ディジタル制御 / Digital Control  
キーワード(3)(和/英) ディジタル信号処理 / Digital Signal Processing  
キーワード(4)(和/英) 伝達関数 / Transfer Function  
キーワード(5)(和/英) 適応アルゴリズム / Adaptive Algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正樹 / Masaki Kobayashi / コバヤシ マサキ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 馳 / Chi Wang / オウ チ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣笠 保智 / Yasutomo Kinugasa / キヌガサ ヤストモ
第3著者 所属(和/英) 松江工業高等専門学校 (略称: 松江高専)
Matsue National College of Technology (略称: Matsue National College of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-26 13:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIP2008-102,IEICE-SIS2008-37 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.213(SIP), no.214(SIS) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-09-18,IEICE-SIS-2008-09-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会