お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-25 15:25
ビジュアルセンサネットワークのためのリソース指向アーキテクチャ
岩谷 周中塚正之高柳雄太郎甲藤二郎早大
抄録 (和) 近年活発に研究が行われているセンサネットワークであるが、ここ数年カメラやオーディオなどマルチメディアセンサーを用いたネットワークの構築が行われている.このように多種のセンサを組み合わせることでより正確かつ詳細な情報が環境から得られるが、現状まだ限定的な事例での利用が中心である.そこでセンサネットワークから得られるセンサデータ値をWebサービスとして提供し、それらを広くWebの世界へ提供することを提案する.またWebサービス化手法としてリソース指向アーキテクチャでの構築を行い、様々なデータ形式をリソースという統一された形式での提供を目指す. 
(英) Sensor Network has been a hot research topic for the past decade and has moved its’ phase into using multimedia sensors such as cameras and microphones. Combining many types of sensor data will lead to more accurate and precise information of the environment. However the use of the sensor network data is still limited to certain circumstances. Thus we propose the deployment of sensor data as web services. In order to unify different types of sensor data and also to support heterogeneous client applications, we used Resource Oriented Architecture.
キーワード (和) センサネットワーク / リソース指向アーキテクチャ / センサフュージョン / Webサービス / / / /  
(英) Sensor Networks / Resource Oriented Architecture / Sensor Fusion / Web Service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 213(SIP), 214(SIS), SIP2008-93, SIS2008-28, pp. 21-26, 2008年9月.
資料番号  
発行日 2008-09-18 (SIP, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SIS SIP IPSJ-AVM  
開催期間 2008-09-25 - 2008-09-26 
開催地(和) 九州工業大学戸畑キャンパス 付属図書館AVホール 
開催地(英) Tobata Campus, Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 信号処理,知的マルチメディアシステム,および一般 
テーマ(英) Signal Processing, Intelligent Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-AVM 
会議コード 2008-09-SIS-SIP-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビジュアルセンサネットワークのためのリソース指向アーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resource Oriented Architecture for Visual Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) リソース指向アーキテクチャ / Resource Oriented Architecture  
キーワード(3)(和/英) センサフュージョン / Sensor Fusion  
キーワード(4)(和/英) Webサービス / Web Service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 周 / Hiroshi Iwatani / イワタニ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中塚 正之 / Masayuki Nakatsuka / ナカツカ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 雄太郎 / Yutaro Takayanagi / タカヤナギ ユウタロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-25 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-AVM 
資料番号 IEICE-SIP2008-93,IEICE-SIS2008-28 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.213(SIP), no.214(SIS) 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-09-18,IEICE-SIS-2008-09-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会