電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-25 11:20
脳波応用意思伝達システムに用いる運動関連脳電位(MRCP)の検討
千島 亮宮田真以信州大)・奈良篤史東大医学部附属病院)・伊東一典信州大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 意思伝達が極めて困難な重度神経筋疾患者・児のMRCP応用によるBCI開発のための基礎的検討を行った.健常被験者を対象に,左右示指伸展動作と下肢足部背屈動作に先行して導出されるMRCP波形成分の特徴を検証し,運動と導出部位の最適導出条件を明確とするために実施した.左右上肢の運動条件ともに,平均して随意運動の約1.75sec前からBP成分である緩徐な勾配の陰性変動が確認できた.また,右示指随意伸展時では左半球(C3-A1+A2),左示指随意伸展時は右半球(C4-A1+A2)で,各随意運動対側の運動野から急峻な勾配のNS’成分を導出することが可能であった.右側下肢の足部背屈動作条件では,頭頂部(Cz-A1+A2)より明確なMRCPを導出することが出来たが,BP成分とNS’成分を明確に判断できるMRCP特徴波形の導出は困難であった.今後,MRCP応用によるBCIの臨床活用の可能性を加味し,四肢運動イメージによる導出方法について検討することが課題となった.MRCPは左・右上肢,下肢の随意運動ごとに独立して単極誘導することが可能であり,随意運動ごとに複雑なデバイス制御が可能であると考えられた. 
(英) The utilization of BCI for the severe physical limitation persons will assist them in their communication and enable them to interact with the outside world, which is our final research goal. An off-line BCI system was examined in four healthy human subjects (dominant hand is the right). The MRCP signals were recorded from C3, C4 and referenced to linked mastoids (according to the international 10/20 system), using a SYNAX1204 (NEC) system. The EOG signals were monitored at the same time. The signals from the SYNAX1204 were amplified and band-pass filtered, and relayed to the computer via an analog-digital converter. It was possible in either subject of the feature waveform of MRCP in each voluntary movement of a right and left index finger. The possibility of the BCI construction that can be controlled by two or more command signals more complex can be expected. It was thought that it was an extremely useful approach to apply MRCP-based BCI technology to the communication support of the severe neuromuscular disease person and the child that led to the computer use.
キーワード (和) Brain-Computer Interface (BCI) / 運動関連脳電位(MRCP) / 意思伝達支援 / 重度神経筋疾患 / / / /  
(英) Brain-Computer Interface (BCI) / MRCP / Bereitschaftspotential / Communication / Neuromuscular Disease / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 219, MBE2008-31, pp. 25-30, 2008年9月.
資料番号 MBE2008-31 
発行日 2008-09-18 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2008-09-25 - 2008-09-25 
開催地(和) 信州大学工学部 
開催地(英) Faculty of Engineering, Shinshu University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-09-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脳波応用意思伝達システムに用いる運動関連脳電位(MRCP)の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A MRCP-Based Communication-Assisted Technology for Clients with Severe Neuromuscular Diseases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Brain-Computer Interface (BCI) / Brain-Computer Interface (BCI)  
キーワード(2)(和/英) 運動関連脳電位(MRCP) / MRCP  
キーワード(3)(和/英) 意思伝達支援 / Bereitschaftspotential  
キーワード(4)(和/英) 重度神経筋疾患 / Communication  
キーワード(5)(和/英) / Neuromuscular Disease  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千島 亮 / Makoto Chishima / チシマ マコト
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 真以 / Mai Miyata / ミヤタ マイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奈良 篤史 / Atsushi Nara / ナラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学医学部付属病院 (略称: 東大医学部附属病院)
University of Tokyo Hospital (略称: University of Tokyo Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 一典 / Kazunori Itoh /
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-25 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-31 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.219 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2008-09-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会