電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-21 13:00
[招待講演]Advanced Query Optimization Techniques in a Parallel Computing Environment
Wook-Shin HanKyungpook National Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) We introduce two query optimization techniques that we recently developed, which can be employed in a parallel computing environment. The first technique is called "progressive optimization in a parallel database"; the second one "parallelizing query optimization." Progressive optimization (POP) is a technique to detect cardinality estimation errors by monitoring actual cardinalities at runtime and to recover by triggering re-optimization with the actual cardinalities measured. In order to apply POP to a parallel environment, 1) rigorous voting schemes are used to make a global decision of whether re-optimization should be triggered; 2) a mechanism that re-uses a distributed temporary table is used. To reduce optimization time in multi-core processor architectures, a novel framework for parallelizing query optimization is introduced. This framework permits for the first time exploiting dynamic programming to find optimal plans for some complex OLAP ad-hoc queries referencing more than about 12 tables. 
(英) We introduce two query optimization techniques that we recently developed, which can be employed in a parallel computing environment. The first technique is called "progressive optimization in a parallel database"; the second one "parallelizing query optimization." Progressive optimization (POP) is a technique to detect cardinality estimation errors by monitoring actual cardinalities at runtime and to recover by triggering re-optimization with the actual cardinalities measured. In order to apply POP to a parallel environment, 1) rigorous voting schemes are used to make a global decision of whether re-optimization should be triggered; 2) a mechanism that re-uses a distributed temporary table is used. To reduce optimization time in multi-core processor architectures, a novel framework for parallelizing query optimization is introduced. This framework permits for the first time exploiting dynamic programming to find optimal plans for some complex OLAP ad-hoc queries referencing more than about 12 tables.
キーワード (和) query optimization / progressive optimization / parallel databases / / / / /  
(英) query optimization / progressive optimization / parallel databases / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 211, DE2008-30, pp. 1-2, 2008年9月.
資料番号 DE2008-30 
発行日 2008-09-14 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2008-09-21 - 2008-09-22 
開催地(和) 飯坂ホテル聚楽 
開催地(英)  
テーマ(和) 招待講演・ポスター英語ディスカッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-09-DE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advanced Query Optimization Techniques in a Parallel Computing Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) query optimization / query optimization  
キーワード(2)(和/英) progressive optimization / progressive optimization  
キーワード(3)(和/英) parallel databases / parallel databases  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Wook-Shin Han / Wook-Shin Han /
第1著者 所属(和/英) Kyungpook National University (略称: Kyungpook National Univ.)
Kyungpook National University (略称: Kyungpook National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-21 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-30 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.211 
ページ範囲 pp.1-2 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-DE-2008-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会