電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-17 14:10
連検定を用いたLogan Graphical Analysisの開始点決定によるPET神経受容体定量化の精度改善
大柿宏人千葉大/放射線医学総研)・木村裕一長縄美香放射線医学総研/東京都老人総研)・坂田宗之東京都老人総研/放射線医学総研)・志田原美保放射線医学総研)・菅 幹生千葉大/放射線医学総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Logan Graphical Analysis (LGA)は、陽電子断層像を用いた神経受容体の画像化において標準的に使用されるアルゴリズムである。LGAは、血中及び組織中の放射能濃度の経時変化の間で成立する直線関係を用いるため、その成立時刻(t*)を指定しなければならないが、雑音を多く含むPETデータにおいて全画素に対するt*の推定は容易ではない。そこで本手法では、適切なt*の下では、直線推定による残差の符号がランダムになることに着目し、ランダム性をノンパラメトリックに判定する連検定を用いてt*を画素毎に決定するアルゴリズムを提案した。その結果、提案手法による神経受容体の推定精度改善が示唆された。 
(英) This study aims at developing an algorithm to estimate a starting point, t*, for Logan Graphical Analysis (LGA). LGA is a popular algorithm for quantitative neuroreceptor imaging using a positron emission tomography, in which a gradient of linear relation between time activity curves in arterial blood and tissues of administrated radiopharmaceutical gives us a density of neuroreceptors. If t* is given appropriately, signs of residuals of the line estimation becomes a random sequence. Thus, a run test, that is a nonparametric statistical test for randomness, can be expected to be apply for t* estimation. From simulation, the run-test based algorithm is useful for neuroreceptor imaging with PET.
キーワード (和) 医用画像 / 分子イメージング / 連検定 / 神経受容体 / / / /  
(英) medical image / molecular imaging / run test / neuroreceptor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 209, MI2008-40, pp. 27-31, 2008年9月.
資料番号 MI2008-40 
発行日 2008-09-10 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2008-09-17 - 2008-09-17 
開催地(和) 島津製作所(京都) 
開催地(英) Shimadzu Corp. 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2008-09-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連検定を用いたLogan Graphical Analysisの開始点決定によるPET神経受容体定量化の精度改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Determination of starting point for Logan graphical analysis using run test to improve PET neuroreceptor quantification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 医用画像 / medical image  
キーワード(2)(和/英) 分子イメージング / molecular imaging  
キーワード(3)(和/英) 連検定 / run test  
キーワード(4)(和/英) 神経受容体 / neuroreceptor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大柿 宏人 / Hiroto Ogaki / オオガキ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大/放射線医学総研)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 裕一 / Yuichi Kimura / キムラ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研/東京都老人総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長縄 美香 / Mika Naganawa / ナガナワ ミカ
第3著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研/東京都老人総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 宗之 / Muneyuki Sakata / サカタ ムネユキ
第4著者 所属(和/英) 東京都老人総合研究所 (略称: 東京都老人総研/放射線医学総研)
Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology (略称: TMIG)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 志田原 美保 / Miho Sidahara / シダハラ ミホ
第5著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 幹生 / Mikio Suga / スガ ミキオ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大/放射線医学総研)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-17 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2008-40 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.209 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2008-09-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会