お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-08-28 16:00
界面制御による色素増感太陽電池の高効率化
始閣雅也栗林幸永吉田洋大鈴木貴彦成田 克廣瀬文彦山形大EMD2008-42 CPM2008-57 OPE2008-72 LQE2008-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-42 CPM2008-57 OPE2008-72 LQE2008-41
抄録 (和) 色素増感太陽電池の高効率化に向けて色素吸着の原子的な制御が重要であるが、吸着状態の直接的な観察は殆どなされていない。我々はこれまで、赤外吸収分光法を用いてN719色素の吸着サイトや吸着構造の解析を行ってきた結果、色素はTiO2表面のOHを消費して吸着することが明らかとなり、UV光照射処理によってTiO2表面のOHを増加させることに成功し、実際の太陽電池作製にUV処理を取り入れることで短絡電流が増加し、効率の向上が確認できた。しかし、高効率化のためには更なるOHの増加が必要である。我々の研究室では200℃の水蒸気処理によってSi基板表面にOHを作り出すことに成功している。微粒子TiO2の多孔質表面の違いはあるものの、この処理でTiO2表面のOHを増加できると考え、条件を探した結果、190℃でOHを生成できることが明らかとなった。そこで、水蒸気処理とUV処理を実際の太陽電池作製に取り入れ、I-V特性の比較を行った。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 酸化チタン / 色素増感太陽電池 / 赤外吸収分光法 / FTIR / / / /  
(英) TiO2 / dye-sensitized solar cells / infrared absorption spectroscopy / FTIR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 192, CPM2008-57, pp. 57-60, 2008年8月.
資料番号 CPM2008-57 
発行日 2008-08-21 (EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2008-42 CPM2008-57 OPE2008-72 LQE2008-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-42 CPM2008-57 OPE2008-72 LQE2008-41

研究会情報
研究会 LQE CPM EMD OPE  
開催期間 2008-08-28 - 2008-08-29 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Touhoku Univ. 
テーマ(和) 光・電子デバイス実装,デバイス技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2008-08-LQE-CPM-EMD-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 界面制御による色素増感太陽電池の高効率化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancement of photovoltaic efficiency in dye sensitized solar cells by using TiO2 surface treatments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 酸化チタン / TiO2  
キーワード(2)(和/英) 色素増感太陽電池 / dye-sensitized solar cells  
キーワード(3)(和/英) 赤外吸収分光法 / infrared absorption spectroscopy  
キーワード(4)(和/英) FTIR / FTIR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 始閣 雅也 / Masaya Shikaku / シカク マサヤ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 幸永 / Koei Kuribayashi / クリバヤシ コウエイ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 洋大 / Hiroki Yoshida / ヨシダ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴彦 / Takahiko Suzuki / スズキ タカヒコ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 成田 克 / Yuzuru Narita / ナリタ ユズル
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第6著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-08-28 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-EMD2008-42,IEICE-CPM2008-57,IEICE-OPE2008-72,IEICE-LQE2008-41 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.191(EMD), no.192(CPM), no.193(OPE), no.194(LQE) 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2008-08-21,IEICE-CPM-2008-08-21,IEICE-OPE-2008-08-21,IEICE-LQE-2008-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会