電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-08-28 13:50
800MHz帯FPUシステムにおけるLDPC符号化MIMO反復復号法の検討
光山和彦神原浩平中川孝之池田哲臣NHK)・大槻知明慶大RCS2008-80
抄録 (和) 番組中継で利用される800MHz帯映像素材移動伝送システムにおいて,MIMO伝送技術により周波数利用効率の向上を目指した研究を行っている.これまで,送受信局間が離れた市街地のLOS環境や,送信ストリーム間で受信電力差が生じた場合に信号分離性能が劣化することを野外実験で確認している.今回,こうした環境で信号分離性能を向上させる方法として,LDPC符号化MIMO反復復号法の検討を行った.しかし,時間方向に長いインタリーブを用いる場合,デインタリーブ・再インタリーブが反復ループ内に存在する一般的な反復復号法の構成では遅延時間がループ回数に比例して増大するため現実的な方法とは言えない.そこで,本稿では空間フィルタリング前にデインタリーブを行うことで,ループ遅延の増大なく反復復号が可能となる方法を提案する.また、本方法により、時間方向に長いインタリーブを行う反復復号法を用いた場合、LOS環境や送信ストリーム間で受信電力差が生じる伝搬路においてビット誤り率特性の改善に効果的であることを計算機シミュレーションで確認したので報告する. 
(英) We have been studying MIMO techniques to enhance the frequency use efficiency of an 800MHz-band FPU system, which is often used for mobile relay broadcasting. After conducting a transmission experiment in an urban area, it was confirmed that the ability to separate transmitted streams decreases in a line-of-sight (LOS) environment where the receiver is far from the transmitter, or in an environment where a power difference between received streams exists. We then examined the possibility of improving the signal detection performance in the same environments using iterative detection and decoding (IDD) in LDPC-Coded MIMO for the 800\hspace{0.5mm}MHz-band FPU system.
However, when introducing long term interleaving into the system, the general IDD receiver with a de-interleaver and an interleaver is not a practical solution because it causes a long processing delay in proportion to the number of IDD loops. In this report, we propose an IDD receiver that is equipped with a de-interleaver before the spatial filter processing to solve the time delay problem, and then show by computer simulation that it can improve the bit error rate effectively in either or both of the two previously mentioned environments.
キーワード (和) MIMO / LDPC / MMSE-SIC / LOS / 反復復号法 / FPU / OFDM / インタリーブ  
(英) MIMO / LDPC / MMSE-SIC / LOS / IDD / FPU / OFDM / Interleave  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 188, RCS2008-80, pp. 163-168, 2008年8月.
資料番号 RCS2008-80 
発行日 2008-08-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2008-80

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2008-08-27 - 2008-08-29 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) 無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2008-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 800MHz帯FPUシステムにおけるLDPC符号化MIMO反復復号法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Iterative Detection and Decoding in LDPC-Coded MIMO for an 800MHz-band FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(3)(和/英) MMSE-SIC / MMSE-SIC  
キーワード(4)(和/英) LOS / LOS  
キーワード(5)(和/英) 反復復号法 / IDD  
キーワード(6)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(7)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(8)(和/英) インタリーブ / Interleave  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 浩平 / Kohei Kambara / カンバラ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第4著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-08-28 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2008-80 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.188 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2008-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会