お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-31 17:00
LMC:ポイントカット・アドバイスモデルの計算
森口草介渡部卓雄東工大SS2008-19
抄録 (和) アスペクト指向プログラミング(AOP)はソフトウェア開発において広く用いられており、アスペクト指向プログラミング言語のもつ性質を形式的にとらえ、理解することはプログラミング言語研究の重要な課題のひとつである。我々は、ポイントカットやアドバイスといったアスペクト指向言語拡張の性質をとらえることを目的とした計算体系LMCを提案する。LMCは特定のプログラミング言語に依存しない形で定義されており、これをアスペクト指向言語拡張の定義に用いることで、アスペクト指向プログラミング言語の形式的定義をモジュール化できる。本論文ではLMCの定義の概要を示し、アスペクト指向拡張をもつ簡単なオブジェクト指向言語をLMCを用いて形式的に定義する。 
(英) Aspect-oriented programming (AOP) has gained wide popularity in software development. Understanding the formal nature of aspect-oriented languages is one of the pressing problems in programming language research. We are currently developing LMC, a calculus intended to capture the properties of commonly used aspectual language extensions such as pointcut and advice. We define LMC to be independent from particular languages. LMC can emphasize the modularity in the formal definitions of aspect-oriented languages by using the calculus to define the aspectual parts of their semantics. In this paper, we introduce LMC and show how to use it to define a simple object-oriented language with aspect-oriented extensions.
キーワード (和) アスペクト指向 / ポイントカット / アドバイス / ジョインポイントモデル / / / /  
(英) Aspect-oriented programming / pointcut / advice / join point model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 173, SS2008-19, pp. 37-42, 2008年7月.
資料番号 SS2008-19 
発行日 2008-07-24 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2008-19

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2008-07-31 - 2008-08-01 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2008-07-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LMC:ポイントカット・アドバイスモデルの計算 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) LMC:A Calculus of Pointcut-Advice model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アスペクト指向 / Aspect-oriented programming  
キーワード(2)(和/英) ポイントカット / pointcut  
キーワード(3)(和/英) アドバイス / advice  
キーワード(4)(和/英) ジョインポイントモデル / join point model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森口 草介 / Sosuke Moriguchi /
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 卓雄 / Takuo Watanabe /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-31 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2008-19 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.173 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2008-07-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会