電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-25 14:30
位相情報を用いた限定空間位置測定法の一提案
川上 亮千葉工大)・松本健児HOYA)・久保田 一千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では音波を用いた位置測定手法を紹介する.提案手法では,移動局(スピーカ)から0.2sの信号を繰り返し送信し,複数の受信局(マイク)で同時受信することにより移動局の3次元座標を計測する.本手法は,無線通信を用いた位置検出において,有用な基礎技術となる.本提案では,移動局と受信局間の通信に音波を用いる.通信に用いる信号は,受信局において送信信号と受信信号の相関関数出力がパルス波に近い信号を用いる.各受信機で得られる相関関数出力から位相差を検出し,限定空間の位置座標を得る.測定実験では反射波の強い実際の使用環境に近い状態での実験を行い,最小誤差10センチメートル以下の精度を得たことにより,本手法が有用であることを示した. 
(英) It introduces the positional measurement technique that uses the sound wave in this thesis. In the proposal technique, three dimension coordinates of the movement station are measured by repeatedly transmitting the signal of 0.2s from the movement station (Speaker), and receiving it in two or more Receiving station (Mic) simultaneously. This technique becomes a useful basic technology in the position tracking that uses a wireless communication. In this proposal, the sound wave is used to communicate between the movement station and Receiving station. The signal used to communicate uses the signal that the output of the correlation function of the transmission signal and the reception signal is near the wave pulse in Receiving station. The phase lag is detected from the correlation function output obtained by each receiver, and positional coordinates of a limited space are obtained. It was shown that this technique was useful by having obtained the accuracy of ten centimeters or less in a minimum error margin conducting the experiment by nearing to a reflected wave strong, actual system requirements in the measurement experiment.
キーワード (和) 位置測定 / 三次元 / 座標 / 音波 / 信号処理 / 位相差 / 相関 /  
(英) position measuring / 3-dimension / coordinate / sound wave / signal processing / phase difference / correlation /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 164, SIP2008-86, pp. 55-60, 2008年7月.
資料番号 SIP2008-86 
発行日 2008-07-18 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP WBS  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-07-SIP-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相情報を用いた限定空間位置測定法の一提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Limited Space Positioning Method Using Phase Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置測定 / position measuring  
キーワード(2)(和/英) 三次元 / 3-dimension  
キーワード(3)(和/英) 座標 / coordinate  
キーワード(4)(和/英) 音波 / sound wave  
キーワード(5)(和/英) 信号処理 / signal processing  
キーワード(6)(和/英) 位相差 / phase difference  
キーワード(7)(和/英) 相関 / correlation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 亮 / Makoto Kawakami / カワカミ マコト
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 健児 / Kenji Matumoto / マツモト ケンジ
第2著者 所属(和/英) HOYA株式会社 (略称: HOYA)
HOYA Corporation (略称: HOYA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 一 / Hajime Kubota / クボタ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-25 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2008-86,IEICE-WBS2008-24 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.164(SIP), no.166(WBS) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-07-18,IEICE-WBS-2008-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会