お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-25 11:20
[奨励講演]駐車支援用近距離障害物検出システムのための超音波レーダネットワークの検討
羽多野裕之静岡大SIP2008-82 WBS2008-20
抄録 (和) 高度交通システム(ITS:Intelligent Transport System)実現のための要素技術の一つである近距離障害物検出システムとして,駐車支援のためのレーダネットワークの構築を検討している.特に測距装置として,安価で信号処理が簡単な超音波レーダを利用した構築を行う.本稿では,この要素技術である超音波アレイエミッタと位置推定アルゴリズムについて述べる.超音波アレイエミッタは,一般的な超音波エミッタが問題として抱える送信出力の不足を,複数のエミッタ素子を用いることで解決を図る.特に,提案手法では各エミッタ素子への信号を制御することにより駐車支援で必要とされる領域に隈なく出力の増幅が可能となる.位置推定アルゴリズムでは,高精度な位置推定と複数障害物の検出とを実現するために,確率演算に基づくアルゴリズムを述べる.本アルゴリズムでは,測距値と各センサの測距誤差特性,各センサの位置を利用した確率演算から導かれた障害物の存在確率分布によって障害物の位置を推定する.また,以上の要素技術を実装した試作機を通した特性評価についても述べる. 
(英) This paper shows an ultrasonic radar network system for parking assistance. Two topics which are the important factors of the proposed radar network are shown. One is an ultrasonic array emitter, the other is an estimation method of targetpositions. The proposed ultrasonic array emitter realizes amplification of transmitted power with novel directivity controls. The proposed estimation method achieves fine estimation accuracy using stochastic calculations with characteristic of radars. Moreover, the paper presents the prototype of the proposed radar network.
キーワード (和) レーダネットワーク / 超音波レーダ / アレイアンテナ / 障害物検出 / 高度交通システム / / /  
(英) radar network / ultrasonic radar / array antenna / target detection / ITS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 166, WBS2008-20, pp. 31-36, 2008年7月.
資料番号 WBS2008-20 
発行日 2008-07-18 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2008-82 WBS2008-20

研究会情報
研究会 SIP WBS  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2008-07-SIP-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 駐車支援用近距離障害物検出システムのための超音波レーダネットワークの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultrasonic Radar Network for Parking Assistance using Short-range Targets Detection system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レーダネットワーク / radar network  
キーワード(2)(和/英) 超音波レーダ / ultrasonic radar  
キーワード(3)(和/英) アレイアンテナ / array antenna  
キーワード(4)(和/英) 障害物検出 / target detection  
キーワード(5)(和/英) 高度交通システム / ITS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-25 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-SIP2008-82,IEICE-WBS2008-20 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.164(SIP), no.166(WBS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-07-18,IEICE-WBS-2008-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会