お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-25 13:00
SC-FDE方式における伝搬路の時間選択性に基づく適応フレーム長制御に関する一検討
金古亮平前原文明早大SIP2008-83 WBS2008-21
抄録 (和) 広帯域の移動通信ネットワークを実現するためには,周波数選択性フェージングが克服できるOFDM方式やSC-FDE方式の適用が有効である.ところが,これらの方式は,一般に,端末の移動に起因する時間選択性フェージングの影響が大きくなると,フレーム内の伝搬路の変動が大きくなることから伝送特性が劣化することが知られている.したがって,端末の静止や移動といった異なる利用シーンにおいて良好な伝送品質を確保するためには,伝搬路の変動にかかわらず,伝送特性の劣化を抑圧する必要がある.
本稿では,TDDをベースとしたSC-FDE方式を対象として,上り回線のパイロット信号を用いて伝搬路の時間選択性を推定するとともに,その推定値に基づき,フレーム内の伝搬路環境が一定となるように,下り回線のフレーム長を制御し,伝送特性の劣化を抑圧する方式を提案する.さらに,提案方式の効果を確認すべく,提案方式の特性とフレーム長を固定する方式の特性を比較・評価する. 
(英) OFDM and SC-FDE are considered to be effective in realizing broadband mobile wireless systems because of the strong robustness against frequency selective fading channels.
In general, high terminal mobility causes severe time selective fading channels where these modulation schemes show poor transmission performance and therefore, the countermeasures for performance degradation regardless of the terminal mobility are surely needed.
In this paper, the adaptive frame length control scheme in SC-FDE is proposed to achieve reasonable transmission performance regardless of the terminal mobility. In the proposed approach, the time selectivity in fading channels is estimated by using the uplink signals thanks to the adoption of TDD and the frame length of downlink signals is controlled based on the estimated time selectivity.
The effectiveness of the proposed scheme is demonstrated in comparison with the fixed frame length scheme by means of computer simulations.
キーワード (和) SC-FDE / 時間選択性フェージング / ドップラー周波数 / 誤り訂正(FEC) / 伝送効率 / / /  
(英) SC-FDE / time selective fading / Doppler frequency / forward error correction / transmission efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 166, WBS2008-21, pp. 37-42, 2008年7月.
資料番号 WBS2008-21 
発行日 2008-07-18 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2008-83 WBS2008-21

研究会情報
研究会 SIP WBS  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2008-07-SIP-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SC-FDE方式における伝搬路の時間選択性に基づく適応フレーム長制御に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Adaptive Frame Length Control based on Fading correlation for SC-FDE Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDE / SC-FDE  
キーワード(2)(和/英) 時間選択性フェージング / time selective fading  
キーワード(3)(和/英) ドップラー周波数 / Doppler frequency  
キーワード(4)(和/英) 誤り訂正(FEC) / forward error correction  
キーワード(5)(和/英) 伝送効率 / transmission efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金古 亮平 / Ryouhei Kaneko / カネコ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-25 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-SIP2008-83,IEICE-WBS2008-21 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.164(SIP), no.166(WBS) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-07-18,IEICE-WBS-2008-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会