お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 13:50
ランダム変数間の類似度の測定とブラインド信号分離への応用
村上隆啓東京農工大/学振)・田中聡久東京農工大)・石田義久明大SIP2008-70 WBS2008-8
抄録 (和) ランダム変数に未知のフィルタがかかったものが観測されたときに,観測された標本のみを用いて元のランダム変数間の類似度を測定する手法について述べる.本論文では,誤差最小化フィルタ(error-minimizing filter: EMF)を提案し,その出力間の誤差をランダム変数間の類似度として用いる.EMFは,観測された標本に時不変フィルタをかけたときに,その出力間の誤差が最小となるフィルタである.EMFを有限長インパルス応答(FIR)フィルタで構成し,また,フィルタ出力間の誤差を平均2乗の評価基準によって測る.これによって,EMFの設計問題は固有値問題へ帰着することを示し,最適なEMFおよび最小平均2乗値を閉じた形で導出する.また,この最小平均2乗値をBSS問題に応用する. 
(英) A method for measuring similarity between two random variables is presented. Our approach considers the case where available observations are arbitrarily filtered versions of original variables. In this paper, we propose an error-minimizing filter (EMF) which minimizes an error between outputs, and the error is utilized for the similarity. The EMF is constructed by a finite impulse response (FIR) filter, and the error between the outputs is evaluated by the mean square error (MSE). We show that minimization of the MSE results in an eigenvalue problem, and the optimal solution is given in a closed form. We also propose an application of the EMF to the blind signal separation (BSS) problem.
キーワード (和) 類似度 / FIRフィルタ / 平均2乗誤差 / 固有値問題 / ブラインド信号分離 / / /  
(英) similarity / FIR filter / mean square error / eigenvalue problem / blind signal separation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 163, SIP2008-70, pp. 13-18, 2008年7月.
資料番号 SIP2008-70 
発行日 2008-07-17 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2008-70 WBS2008-8

研究会情報
研究会 SIP WBS  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-07-SIP-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダム変数間の類似度の測定とブラインド信号分離への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of similarity between random variables and its application to blind signal separation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 類似度 / similarity  
キーワード(2)(和/英) FIRフィルタ / FIR filter  
キーワード(3)(和/英) 平均2乗誤差 / mean square error  
キーワード(4)(和/英) 固有値問題 / eigenvalue problem  
キーワード(5)(和/英) ブラインド信号分離 / blind signal separation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 隆啓 / Takahiro Murakami / ムラカミ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学/日本学術振興会 (略称: 東京農工大/学振)
Tokyo University of Agriculture and Technology/JSPS Research Fellow (略称: TUAT/JSPS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡久 / Toshihisa Tanaka / タナカ トシヒサ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 義久 / Yoshihisa Ishida / イシダ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2008-70,IEICE-WBS2008-8 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.163(SIP), no.165(WBS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-07-17,IEICE-WBS-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会