お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 15:15
高速QAM変復調技術の研究
粟野穰太白倉政志岡本隆司長野 寛JAXA)・須永輝己栗田 明三菱電機SAT2008-9
抄録 (和) 将来の高速データ伝送を視野に入れたXband高速伝送技術の研究を行った。シミュレーションにより設計の妥当性を評価した上でFPGA(Altera社EP2S180)を用いて試作品を製作し、評価を行った。その結果16QAM変調で800Mbps以上の伝送速度を実現した。本公演ではシミュレーション結果、復調部に用いたBTR(Bit Timing Recovery)、AFC(Automatic Frequency Control)の動作検証、システム成立性の考察についても報告する。 
(英) We have studied X-band high-speed transmission tecnology. This technology brings future generation high-speed data transmission into view. After adequacy evaluation of the technology design by simulations, we have made a prototype model. Two FPGA (Altera EP2S180) has been used in this prototype model. We have achived 800 Mbps transmission speed at 16 QAM scheme by using this prototype model. In this paper we report the results of simulation and BTR (Bit Timin recovery) and AFC (Automatic Fequency Control) technology that has adapted to this prototype model. And we have also reported speculation of feasibility.
キーワード (和) 高速データ伝送 / X-band / 16QAM / / / / /  
(英) high speed data comunication / X-band / 16QAM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 149, SAT2008-9, pp. 13-18, 2008年7月.
資料番号 SAT2008-9 
発行日 2008-07-17 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2008-9

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2008-07-23 - 2008-07-25 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) 衛星、移動通信におけるアンテナ・伝搬技術、一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Antennas and Progation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2008-07-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速QAM変復調技術の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of high speed QAM modulation and demodulation system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速データ伝送 / high speed data comunication  
キーワード(2)(和/英) X-band / X-band  
キーワード(3)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟野 穰太 / Johta Awano / アワノ ジョウタ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白倉 政志 / Masashi Shirakura / シラクラ マサシ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 隆司 / Takashi Okamoto / オカモト タカシ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長野 寛 / Hiroshi Nagano / ナガノ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須永 輝己 / Terumi Sunaga / スナガ テルミ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 明 / Akira Kurita / クリタ アキラ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2008-9 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会