お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 17:30
完全PBGを有するスラブ型フォトニック結晶導波路に関する一検討
下川原佳喜辻 寧英平山浩一北見工大MW2008-62 OPE2008-45 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-62 OPE2008-45
抄録 (和) これまでのスラブ型フォトニック結晶はTE 波あるいはTM 波のみにフォトニックバンドギャップ(PBG)が存在するものがほとんどであった.本研究では,結晶の格子構造を工夫することで,TE 波,TM 波の両方に同一の周波数帯にPBG が存在する完全PBG についての検討を行っている.解析には等価屈折率法に基づく2 次元近似有限要素法を用いた.また,得られた結晶格子を用いて導波路を構成しその分散特性および曲がり導波路の伝送特性の検討を行っている. 
(英) Most of conventional photonic crystal slab waveguides have photonic band gap (PBG) for only one polarization. In this paper, we study on absolute PBG that can realize PBG for both polarization in the same frequency range and demonstrate that absolute PBG can be realized using some photonic crystal structures. In the numerical analysis, we employ the 2D finite element method based on the effective index method. Furthermore, we
construct photonic crystal waveguides using the obtained photonic crystal structure with absolute PBG and study on its dispersion relations and propagation properties through waveguide bends.
キーワード (和) フォトニック結晶 / 完全PBG / 等価屈折率法 / 有限要素法 / / / /  
(英) Photonic crystal / Absolute photonic bandgap / Effective index method / Finite element method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 155, OPE2008-45, pp. 85-90, 2008年7月.
資料番号 OPE2008-45 
発行日 2008-07-17 (MW, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-62 OPE2008-45 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-62 OPE2008-45

研究会情報
研究会 OPE EMT MW  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2008-07-OPE-EMT-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 完全PBGを有するスラブ型フォトニック結晶導波路に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Photonic Crystal Slab Waveguide with Absolute Photonic Band Gap 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォトニック結晶 / Photonic crystal  
キーワード(2)(和/英) 完全PBG / Absolute photonic bandgap  
キーワード(3)(和/英) 等価屈折率法 / Effective index method  
キーワード(4)(和/英) 有限要素法 / Finite element method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下川原 佳喜 / Yoshiki Shimokawara / シモカワラ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. Technol.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 寧英 / Yasuhide Tsuji / ツジ ヤスヒデ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. Technol.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 浩一 / Koichi Hirayama / ヒラヤマ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. Technol.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 17:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-MW2008-62,IEICE-OPE2008-45 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.154(MW), no.155(OPE) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-07-17,IEICE-OPE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会