お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 14:15
ディジタルピーク電流制御方式DC-DCコンバータについて
耜田翔平黒川不二雄柴田裕一郎長崎大)・横山智紀東京電機大)・佐々木正博三村泰弘新電元EE2008-15
抄録 (和) 電流モードDC-DCコンバータは優れた動特性を示している。しかし,ディジタル制御方式高周波DC-DCコンバータにおいては,リアクトル電流の正確なピーク値を検出することは非常に困難であり,これまでの研究においては,リアクトル電流の一周期遅れの平均値に着目されていた。本論文では,リアルタイムに高周波スイッチングDC-DCコンバータのスイッチ電流のピーク値を検出する新しいディジタル制御回路を提案し,動特性と制御パラメータについて検討したので報告している。 
(英) The current mode dc-dc converter is useful in order to perform the superior dynamic characteristics. However, these studies have focused on sensing the average value of the switch/reactor current because it is very difficult to sample the data of accurate peak point of switch/reactor current in the digitally controlled high switching converter. This paper presents a new digital control circuit which is able to detect the peak switch current of the high frequency switching dc-dc converter.
キーワード (和) DC-DCコンバータ / スイッチング電源 / ディジタル制御 / ピーク電流制御 / / / /  
(英) DC-DC Converter / Switching Power Supply / Digital Control / Peak Current Control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 150, EE2008-15, pp. 19-23, 2008年7月.
資料番号 EE2008-15 
発行日 2008-07-17 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2008-15

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英)  
テーマ(和) エネルギー技術,半導体変換技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2008-07-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタルピーク電流制御方式DC-DCコンバータについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DC-DC Converter with Digital Peak Current Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DC-DCコンバータ / DC-DC Converter  
キーワード(2)(和/英) スイッチング電源 / Switching Power Supply  
キーワード(3)(和/英) ディジタル制御 / Digital Control  
キーワード(4)(和/英) ピーク電流制御 / Peak Current Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 耜田 翔平 / Shohei Sukita / スキタ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 不二雄 / Fujio Kurokawa / クロカワ フジオ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 裕一郎 / Yuichiro Shibata / シバタ ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 智紀 / Tomonori Yokoyama / ヨコヤマ トモキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 正博 / Masahiro Sasaki / ササキ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 新電元工業株式会社 (略称: 新電元)
Shindengen Electric Mfg. Co. Ltd. (略称: Shindengen)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三村 泰弘 / Yasuhiro Mimura / ミムラ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 新電元工業株式会社 (略称: 新電元)
Shindengen Electric Mfg. Co. Ltd. (略称: Shindengen)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2008-15 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会