お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 16:15
マルチグリッド最適化法に基づく再構成アルゴリズムの性能改善
田中 充佐野雅彦楠 敦志大分大MW2008-69 OPE2008-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-69 OPE2008-52
抄録 (和) マルチグリッド最適化法を用いて,損失性柱状散乱体の比誘電率を推定する再構成アルゴリズムの性能改善について考察している.逆散乱問題を最適化問題に帰着し,散乱電界の測定値と計算値との残差ノルムによって定義された汎関数を最小化することによって物体の比誘電率を求める.問題の解析に用いたマルチグリッド最適化法は,重み付き修正周波数ホッピング法,Vサイクルマルチグリッド法及び共役勾配法によって構成されている.自由空間中に置かれた損失性誘電体円柱を例に取り,重み係数が再構成精度に与える影響について数値的検討を行っている. 
(英) This article considers the performance improvement of a reconstruction algorithm of estimating the relative permittivity of a lossy dielectric cylinder based on the multigrid optimization method. The inverse scattering problem can be treated as an optimization problem where the relative permittivity is determined by the minimization of a cost functional concerning the scattered electric fields measured and calculated. The multigrid optimization method consists of the modified frequency-hopping technique with a weighting factor, the multigrid method with a V-cycle, and the conjugate gradient method. Computer simulations are performed for lossy dielectric circular cylinders in free space to show the effect of the weighting factor on the reconstruction accuracy.
キーワード (和) 逆散乱問題 / マルチグリッド最適化法 / 重み付き修正周波数ホッピング法 / 再構成アルゴリズム / 性能改善 / / /  
(英) inverse scattering problem / multigrid optimization method / modified frequency-hopping technique with a weighting factor / reconstruction algorithm / performance improvement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, 2008年7月.
資料番号  
発行日 2008-07-17 (MW, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-69 OPE2008-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-69 OPE2008-52

研究会情報
研究会 OPE EMT MW  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2008-07-OPE-EMT-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチグリッド最適化法に基づく再構成アルゴリズムの性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Reconstruction Algorithm Based on the Multigrid Optimization Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逆散乱問題 / inverse scattering problem  
キーワード(2)(和/英) マルチグリッド最適化法 / multigrid optimization method  
キーワード(3)(和/英) 重み付き修正周波数ホッピング法 / modified frequency-hopping technique with a weighting factor  
キーワード(4)(和/英) 再構成アルゴリズム / reconstruction algorithm  
キーワード(5)(和/英) 性能改善 / performance improvement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 充 / Mitsuru Tanaka / タナカ ミツル
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 雅彦 / Masahiko Sano / サノ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠 敦志 / Atsushi Kusunoki / クスノキ アツシ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-MW2008-69,IEICE-OPE2008-52 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.154(MW), no.155(OPE) 
ページ範囲 pp.123-127 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2008-07-17,IEICE-OPE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会