お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 17:05
2次元多層周期構造からの散乱特性
セサイ モーリス横田光広宮城大MW2008-71 OPE2008-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-71 OPE2008-54
抄録 (和) 任意形状した物体が多層周期配置された場合の散乱特性について,数値的に検討を行っている.計算手法はモーメント法,格子総和法,マルチグリッド法を用い,多層構造については各層間での位相シフト量を考慮に入れている.本報告では,電界成分が円柱柱軸方向に偏波しているTM波を取り扱っている.誘電率,円柱の大きさなどが変化した場合の反射係数について,検討している. 
(英) Scattering of electromagnetic wave from a two-dimensional multilayered periodic structure is presented using Moment Method together with Lattice Sums and Phase Shift Correction Method between interfaces.The multilayered structure consists of dielectric circular cylinders. In this study, the TM wave whose electric field is parallel to the cylindrical axis is analyzed and the effect of permittivity, size of the cylinder and the spacing between layer on the reflectance and transmittance shall be investigated. The numerical results also show the
wavelength responses of the multilayer arrays of composite dielectric cylinders.
キーワード (和) 多層周期構造 / モーメント法 / 格子総和法 / / / / /  
(英) Multilayered periodic structure / Moment Method / Lattice sum's technique / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, 2008年7月.
資料番号  
発行日 2008-07-17 (MW, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-71 OPE2008-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-71 OPE2008-54

研究会情報
研究会 OPE EMT MW  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2008-07-OPE-EMT-MW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 2次元多層周期構造からの散乱特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scattering Properties from a Two-Dimensional Multilayered Periodic Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多層周期構造 / Multilayered periodic structure  
キーワード(2)(和/英) モーメント法 / Moment Method  
キーワード(3)(和/英) 格子総和法 / Lattice sum's technique  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) セサイ モーリス / Maurice Sesay / セサイ モーリス
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮城大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 光広 / Mitsuhiro Yokota / ヨコタ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮城大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-MW2008-71,IEICE-OPE2008-54 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.154(MW), no.155(OPE) 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-07-17,IEICE-OPE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会