お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 11:25
[招待講演]光スイッチを用いた衛星通信光給電フェーズドアレーアンテナの基礎実験
藤野義之佐藤正樹田中正人平良真一NICT)・小原徳昭ロボティスタ)・岩本竜一NELMW2008-52 OPE2008-35 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-52 OPE2008-35
抄録 (和) 近年、衛星通信においては搭載アンテナの大型化が著しい。この場合、大型アンテナとそれらに信号を送る給電線の軽量化が必須の技術的課題となっている。このため、情報通信研究機構では衛星構体からアンテナまでの給電線を光に置き換えることで高機能アンテナの搭載における重量の増加を解決することを目指している。今回、衛星搭載のための光給電フェーズドアレーアンテナとして、ビーム走査実験を行い、さらに受信部の基礎実験を行うことでKa帯の衛星通信に対する有効性を検証したので報告する。 
(英) Onboard antennas are being enlarged as satellites are being enlarged. The weight of the feedline that sends the signal to a large antenna is also increased for the large-scale satellites. We solved the weight problem by replacing the feedline to the optical fiber that was mounted from the satellite body to the antenna. An optical beamforming technique based on radio-on-fiber (ROF) technology was also used. We then conducted a fundamental experiment on the optically feeding phased array antenna where the antenna beam was formed in an optical region for the purpose of satellite mounting. Throughout beamforming experiment for transmitting antenna and the fundamental experiment for the receiving antenna, validity of this antenna was confirmed for Ka band satellite communication.
キーワード (和) 光給電 / 衛星通信 / Ka帯 / Radio-on-Fiber / / / /  
(英) Optical Feed / Satellite Communication / Ka Band / Radio-on-Fiber / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 154, MW2008-52, pp. 31-36, 2008年7月.
資料番号 MW2008-52 
発行日 2008-07-17 (MW, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-52 OPE2008-35 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-52 OPE2008-35

研究会情報
研究会 OPE EMT MW  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2008-07-OPE-EMT-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光スイッチを用いた衛星通信光給電フェーズドアレーアンテナの基礎実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental experiment of optical phased array antenna for satellite communication using optical switch 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光給電 / Optical Feed  
キーワード(2)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communication  
キーワード(3)(和/英) Ka帯 / Ka Band  
キーワード(4)(和/英) Radio-on-Fiber / Radio-on-Fiber  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 義之 / Yoshiyuki Fujino / フジノ ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 正樹 / Masaki Satoh / サトウ マサキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 正人 / Masato Tanaka / タイラ シンイチ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平良 真一 / Shinichi Taira / オバラ ノリアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 徳昭 / Noriaki Obara / イワモト リュウイチ
第5著者 所属(和/英) ロボティスタ (略称: ロボティスタ)
Robotista (略称: Robotista)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 竜一 / Ryuichi Iwamoto /
第6著者 所属(和/英) NTTエレクトロニクス(株) (略称: NEL)
NTT Electronics (略称: NTT Electronics)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 11:25:00 
発表時間 35 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2008-52,IEICE-OPE2008-35 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.154(MW), no.155(OPE) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-07-17,IEICE-OPE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会