お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 13:00
通信システムにおける電源ノイズ低減技術
山根 宏青木忠一NTTEE2008-12
抄録 (和) 通信のブロードバンド化やユビキタス化に伴い、アクセス・構内ネットワークが高機能化されてきているが、省電力化に伴って機器の低電圧化が進められ、過電圧や過電流に対する耐力が低下してきている。本報告では、屋外に設置された通信システムの電源線から侵入する雷サージに対する誤動作を低減するブレーカの開発、及び家庭内で通信として最近普及してきている高速電力線通信システムから発生する漏洩電磁界低減用ブロッキングフィルタの小型化に向けて検討した結果、40dB以上の挿入損失、従来の約1/3の容積が得られた結果について述べる。 
(英) Malfunctions of telecommunication equipment caused by electromagnetic interference are increasing along with the trend of saving power and operating equipment at low voltage. Malfunctions of power units frequently occur due to lightning currents induced on ac mains lines of access network equipment settled at outdoor locations. In this paper, we have developed the circuit breaker reducing lightning surge currents induced on ac mains line of the telecommunication equipment located in outdoor locations. Recently, PLT (Power Line Telecommunication) using from 2 through 30 MHz signal has been provided broadband communication over power lines. We have developed the blocking filter reducing the emission noise caused by PLC system. This filter has the 40dB reducing factor and a 1/3 at the volume smaller than the conventional one.
キーワード (和) 雷サージ / サーキットブレーカ / PLC / ブロッキングフィルタ / / / /  
(英) Lightning surge / Circuit breaker / Power line communication / Blocking filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 150, EE2008-12, pp. 1-6, 2008年7月.
資料番号 EE2008-12 
発行日 2008-07-17 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2008-12

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英)  
テーマ(和) エネルギー技術,半導体変換技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2008-07-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信システムにおける電源ノイズ低減技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 雷サージ / Lightning surge  
キーワード(2)(和/英) サーキットブレーカ / Circuit breaker  
キーワード(3)(和/英) PLC / Power line communication  
キーワード(4)(和/英) ブロッキングフィルタ / Blocking filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 宏 / Hiroshi Yamane / ヤマネ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 忠一 / Tadahito Aoki / アオキ タダヒト
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2008-12 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会