お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 09:25
統合型光無線システムの研究開発 ~ RF信号の光無線伝送に関する検討 ~
若森和彦Kamugsha KazauraAlam ShahPham Dat鈴木敏司高橋浩一大前和憲松本充司佐藤拓朗早大)・東野武史油川雄司中村卓也塚本勝俊小牧省三阪大MW2008-48 OPE2008-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-48 OPE2008-31
抄録 (和) 統合型光無線システムは,光ファイバ整備が困難なエリアに対して,光ファイバと同等の性能でかつ容易にブロードバンドサービスを始めとする各種のサービスを提供するため,光ファイバシステムと無線システムの効率的な融合を目指すシステムである.このため,電波形式を保存したまま各種無線サービス信号を光波に乗せ,光ファイバと無線区間を透過的に接続し,リモート基地局で電波信号を再送信するRoFSOシステムの開発を行っている.本報告では,光無線伝送時にRF信号が大気擾乱により受ける影響に関して実験的検討を行った結果について述べる.特に,大気ゆらぎの影響を汎用的に評価する手法とRF信号の光無線伝送の可能性について詳述する. 
(英) We are doing a Research and Development on Radio on Free Space Optics (RoFSO) Communication System in order to realize a quick and cost-effective delivery of heterogeneous wireless services to areas where have no optical fiber infrastructures and face difficulties to construct broadband fiber networks. The proposed system aims at achieving effective fusion of optical fiber and a wireless system. Various types of wireless services are transparently transported in an optical free space channel. In this report, the experiment about the influence which it has on RF signal transmission of atmospheric turbulence is shown. As a result, it reports having found out the relation between atmospheric fluctuation and transfer signal quality, and the possibility of RF signal transmission by a FSO link.
キーワード (和) 光無線 / RF信号伝送 / 大気ゆらぎ / / / / /  
(英) RoFSO(Radio on Free-Space Optics) / RF-signal transmission / atmospheric turbulence / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 155, OPE2008-31, pp. 7-12, 2008年7月.
資料番号 OPE2008-31 
発行日 2008-07-17 (MW, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-48 OPE2008-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-48 OPE2008-31

研究会情報
研究会 OPE EMT MW  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2008-07-OPE-EMT-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統合型光無線システムの研究開発 
サブタイトル(和) RF信号の光無線伝送に関する検討 
タイトル(英) R&D on Radio on Free Space Optics Communication Systems 
サブタイトル(英) Study of RF signal transmission using FSO system through the atmosphere 
キーワード(1)(和/英) 光無線 / RoFSO(Radio on Free-Space Optics)  
キーワード(2)(和/英) RF信号伝送 / RF-signal transmission  
キーワード(3)(和/英) 大気ゆらぎ / atmospheric turbulence  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若森 和彦 / Kazuhiko Wakamori / ワカモリ カズヒコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kamugsha Kazaura / Kamugsha Kazaura /
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Alam Shah / Alam Shah /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Pham Dat / Pham Dat /
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 敏司 / Toshiji Suzuki / スズキ トシジ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 浩一 / Koichi Takahashi / タカハシ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大前 和憲 / Kazunori Omae / オオマエ カズノリ
第7著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 充司 / Mitsuji Matsumoto / マツモト ミツジ
第8著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 拓朗 / Takuro Sato / サトウ タクロウ
第9著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第10著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 油川 雄司 / Yuji Aburakawa / アブラカワ ユウジ
第11著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 卓也 / Takuya Nakamura / ナカムラ タクヤ
第12著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 勝俊 / Katsutoshi Tsukamoto / ツカモト カツトシ
第13著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) 小牧 省三 / Shozo Komaki / コマキ ショウゾウ
第14著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-MW2008-48,IEICE-OPE2008-31 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.154(MW), no.155(OPE) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-07-17,IEICE-OPE-2008-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会