お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-18 15:50
膨大な数の無線端末を収容する無線アクセスサーバの負荷分散方式
柴田 弘神谷弘樹高杉耕一俊長秀紀小田部悟士石原晋也斎藤 洋NTTIN2008-42
抄録 (和) 本研究では、ユビキタス社会における無線ネットワークインフラに必要な、10億~100億台規模の端末の認証と通信制御を行う無線アクセスサーバの負荷分散方法を提案する。このような膨大な端末を収容するためには、サーバを分散化し負荷を均衡に割り当てることによる、効率的なサーバの運用が必要である。一方、無線環境では端末の移動があるため、移動端末の位置登録や認証負荷の低減が求められる。そこで、無線端末の移動による負荷の低減に有利であり、負荷の均衡化を行うことが可能な負荷分散方式として、(1)呼び出しエリア単位で収容サーバを振り分ける、(2)端末にグループ番号を付与して振り分け単位を分割する、(3)隣接する呼び出しエリアに対する収容サーバを極力同一にする、の3つを考慮した振り分けテーブル作成アルゴリズムを提案する。本分散方式とアルゴリズムをシミュレーションにより検証した結果、グループ番号情報が3ビットあれば、負荷の均衡化が可能であること、呼び出しエリアの隣接関係を考慮することにより負荷を軽減できることが分かった。また、負荷が不均衡な場合に、最小限の振り分けテーブルの変更により負荷を均衡化することを可能にした。 
(英) We propose a load-balancing method for Radio access network servers (RANSes) to authenticate and control communication of several billion scale wireless terminals, for the purpose of realizing a wireless network infrastructure in the ubiquitous age. Efficient assignment of the RANSes is necessary for handling such a large number of wireless terminals (WTs). On the other hand, decreasing the loads caused by location-registration or authentication of mobile terminals is required in wireless environment. Therefore we propose an algorism to build distribution table of RANSes by considering three points, which are (1) not-dividing paging area, (2) assignment a group number to each WT for RANSes distribution, and (3) handling neighboring paging areas by the same RANS, because we expect that the load-balancing method has advantages for decreasing the loads by moving WTs. We evaluate our method of load-balancing and building distribution table by simulation, and confirm that it can achieve load-balancing by 3 bit information for WT group number and reduce loads of mobile WTs by considering neighboring paging areas. And, it enables to change distribution table minimally for load-balancing of RANSes when loads are unbalanced.
キーワード (和) 負荷分散 / 無線アクセスサーバ / 移動端末 / 呼び出しエリア / シミュレーション / / /  
(英) Load-balancing / Radio access network server / Mobile terminal / Paging area / Simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 136, IN2008-42, pp. 95-100, 2008年7月.
資料番号 IN2008-42 
発行日 2008-07-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2008-42

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2008-07-17 - 2008-07-18 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Koube Univ. 
テーマ(和) NGN,VoIP,FMC,コンテンツ配信,IPv6および一般 
テーマ(英) NGN, VoIP, FMC, Content Distribution, IPv6, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 膨大な数の無線端末を収容する無線アクセスサーバの負荷分散方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Load Balancing Method for Radio Access Servers to Handle a Large Number of Wireless Terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 負荷分散 / Load-balancing  
キーワード(2)(和/英) 無線アクセスサーバ / Radio access network server  
キーワード(3)(和/英) 移動端末 / Mobile terminal  
キーワード(4)(和/英) 呼び出しエリア / Paging area  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 弘 / Hiroshi Shibata / シバタ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 弘樹 / Koki Mitani / ミタニ コウキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高杉 耕一 / Koichi Takasugi / タカスギ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 俊長 秀紀 / Hideki Toshinaga / トシナガ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田部 悟士 / Satoshi Kotabe / コタベ サトシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 晋也 / Shinya Ishihara / イシハラ シンヤ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 洋 / Hiroshi Saito / サイトウ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-18 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-42 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.136 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会