電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-18 10:20
振動波と加速度センサを用いた物体間の接触関係の取得手法
柳沢 豊前川卓也岸野泰恵亀井剛次櫻井保志岡留 剛NTT
抄録 (和) 本稿では,実世界中の2つの物体が接触しているかどうかを,小型の低周波の振動モータと加速度センサを用いて検出する方法について述べる.従来の測位技術では,物体の絶対的な位置 (x, y, z) を正確に取得することを目指しているが,高い精度で絶対的な位置を取得するためには多大なコストがかかる.そこで,コンテキストアウェアサービスで利用される位置情報が,必ずしも絶対的な位置情報ではなく,他の物体を基準とした相対的な位置関係であることに着目した.本稿では,この相対的な位置関係の中でも,最も基本的な関係である「接触関係」を,安価で小型な装置のみで正確に検出する方法を提案する. 
(英) We propose a method to detect 'contact' objects using both vibration motors and acceleration sensor.
While vibration motors attached to an object generate low-frequency wave, an acceleration sensor attached to another object detects propagated wave if these objects contact physically each other.
To have experiments for evalutaion of our proposed method, we implemented a small device which has acceleration sensor, a wireless network device, and a small vibration motor.
As the result of the experiments, we confirm our method can be applied to detect `contact' objects except for several materials.
キーワード (和) ユビキタスコンピューティング / 測位 / 接触関係 / 振動伝播 / / / /  
(英) Ubiquitous Computing / Positioning / Contact Relation / Low-frequency Propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 138, USN2008-25, pp. 81-86, 2008年7月.
資料番号  
発行日 2008-07-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 USN IPSJ-UBI  
開催期間 2008-07-17 - 2008-07-18 
開催地(和) 東京電機大学(東京) 
開催地(英) Tokyo Denki University (Tokyo) 
テーマ(和) ユビキタス・センサネットワークの要素技術、コンテクストの抽出、スマートスペース、ユビキタス生活支援、一般 
テーマ(英) Technology components for ubiquitous and sensor networks, context extraction, smart space, living support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-UBI 
会議コード 2008-07-USN-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振動波と加速度センサを用いた物体間の接触関係の取得手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detecting of Contacting Objects using Low-frequency Wave Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユビキタスコンピューティング / Ubiquitous Computing  
キーワード(2)(和/英) 測位 / Positioning  
キーワード(3)(和/英) 接触関係 / Contact Relation  
キーワード(4)(和/英) 振動伝播 / Low-frequency Propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳沢 豊 / Yutaka Yanagisawa / ヤナギサワ ユタカ
第1著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 卓也 / Takuya Maekawa / マエカワ タクヤ
第2著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 泰恵 / Yasue Kishino / キシノ ヤスエ
第3著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 剛次 / Koji Kamei / カメイ コウジ
第4著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 保志 / Yasushi Sakurai / サクライ ヤスシ
第5著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡留 剛 / Takeshi Okadome / オカドメ タケシ
第6著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-18 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-UBI 
資料番号 IEICE-USN2008-25 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2008-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会