電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-17 10:20
TomuDB:都市空間センサ情報を扱うデータベースシステム
岩井将行・○テープウィロージャナポン ニワット石塚宏紀中村陽一金井圭介東京電機大)・白石 陽東大)・戸辺義人東京電機大
抄録 (和) 近年、センサディバイスの小型化により、
実世界の環境情報を安価なディバイスで取得できるようになってきている。
特に、都市空間におけるヒートアイランド現状や人や車の流れを検知する必要が強まり、短期間で準備を行い、広範囲のエリアで情報を計測する要望が高まりつつある。
しかし、センサは広域に分散して配置しなければならず、すべてのセンサデータを
一極に収集すると爆発的にトラフィックが増大する問題が発生する。
我々は、都市空間の通信網でDB間をオーバレイネットワークによって接続し
効率よくデータの収集と検索を行うTmuDBを開発した。 
(英) Sensor network is a promising tool for collecting information about the real world without human's intervention.
Instead of asking for raw data, query processing is a convenient method to obtain desired information from a sensor network.
In general, people in uerban city are likely to perform a real-world search; they search things related to their daily lives in the real world ranging from straight-forward queries to complex ones.
However, a single sensor network cannot respond to a variety of queries by using its own sensing data.
Currently, each organization deploys sensor networks for their own uses. Each sensor network has many different characteristics such as sensor types, network size, sensing resolution, etc.
In order to realize the real-world searches in urban cities, a collaboration of such heterogeneous sensor networks is a promising solution.
This paper proposes a TomuDB architecture for performing distributed queries in heterogeneous sensor networks.
In order to cope with the real-world searches, heterogeneous sensor networks work collaboratively by forwarding queries to other networks that are likely to answer the queries.
A prototype implementation is presented and the experiments are performed to study the performance of TomuDB architecture in the real-world environment.
キーワード (和) 都市センシング / 分散データベース / センサデータクエリ / / / / /  
(英) Urban Sensing / Distributed Database / Queries for Sonsor Data / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 138, USN2008-13, pp. 13-18, 2008年7月.
資料番号  
発行日 2008-07-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 USN IPSJ-UBI  
開催期間 2008-07-17 - 2008-07-18 
開催地(和) 東京電機大学(東京) 
開催地(英) Tokyo Denki University (Tokyo) 
テーマ(和) ユビキタス・センサネットワークの要素技術、コンテクストの抽出、スマートスペース、ユビキタス生活支援、一般 
テーマ(英) Technology components for ubiquitous and sensor networks, context extraction, smart space, living support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-UBI 
会議コード 2008-07-USN-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TomuDB:都市空間センサ情報を扱うデータベースシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TomuDB: A Database Magagement System for Distributed Urban Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 都市センシング / Urban Sensing  
キーワード(2)(和/英) 分散データベース / Distributed Database  
キーワード(3)(和/英) センサデータクエリ / Queries for Sonsor Data  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 将行 / Masayuki Iwai / イワイ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) テープウィロージャナポン ニワット / Niwat Thepvilojanapong / テープウィロージャナポン ニワット
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 宏紀 / Hiroki Ishizuka / イシズカ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 陽一 / Yoichi Nakamura / ナカムラ ヨウイチ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 圭介 / Keisuke Kanai / カナイ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 陽 / Yoh Shiraishi / シライシ ヨウ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸辺 義人 / Yoshito Tobe / トベ ヨシト
第7著者 所属(和/英) 東京電機大学未来科学部 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University,School of Science and Technology for Future Life (略称: TUD)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-17 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-UBI 
資料番号 IEICE-USN2008-13 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2008-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会