お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-17 09:30
大規模センサーネットワークに適したサーバデータ認証方式
野田 潤NEC)・楫 勇一奈良先端大)・中尾敏康NECUSN2008-11
抄録 (和) センサネットワークにおける利用に適した,サーバデータ認証方式を提案する.データ認証は,データの偽造や改変を検知するための仕組みであり,安全で信頼性の高いシステムを構成するための基礎的技術である.一台のサーバが多数のノードを制御するセンサネットワークでは,特にサーバが送信するデータの認証が重要となる.本稿では,ノードの部分集合(グループ)を複数定義し,グループ鍵とメッセージ認証子を利用したサーバデータの認証方式を提案する.単純なデータ認証方式に比べ,提案法では,鍵情報や制御信号などの重要なデータの送受信にかかるデータ認証のオーバヘッドを削減することが可能となる.中規模自治体(約38,000世帯)におけるテレメータリング(遠隔検針)をモデルケースに想定し,提案法の効果を定量的に評価したところ,約1/644のサーバ送信量の削減が見込めることを確認できた. 
(英) We propose a new server data authentication scheme for sensor networks. Data authentication is a basic technology to detect spoofing and malicious modification of data, and it is a basic component of a secure network. In a sensor network where one server controls many nodes, it is very important to authenticate the data transmitted by the server. In this paper, we propose a server data authentication scheme that incurs less server communication overhead than a simplistic data authentication scheme. Our proposed scheme leverages structured group keys and message authentication code. Finally, we introduce an example application of our proposed scheme and evaluate its effects quantitatively.
キーワード (和) データ認証 / メッセージ認証子 / センサネットワーク / マルチキャスト / ブロードキャスト / / /  
(英) data authentication / message authentication code / sensor network / multicast / broadcast / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 138, USN2008-11, pp. 1-6, 2008年7月.
資料番号 USN2008-11 
発行日 2008-07-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2008-11

研究会情報
研究会 USN IPSJ-UBI  
開催期間 2008-07-17 - 2008-07-18 
開催地(和) 東京電機大学(東京) 
開催地(英) Tokyo Denki University (Tokyo) 
テーマ(和) ユビキタス・センサネットワークの要素技術、コンテクストの抽出、スマートスペース、ユビキタス生活支援、一般 
テーマ(英) Technology components for ubiquitous and sensor networks, context extraction, smart space, living support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2008-07-USN-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模センサーネットワークに適したサーバデータ認証方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Scalable Server Data Authentication Scheme for Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データ認証 / data authentication  
キーワード(2)(和/英) メッセージ認証子 / message authentication code  
キーワード(3)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(4)(和/英) マルチキャスト / multicast  
キーワード(5)(和/英) ブロードキャスト / broadcast  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 潤 / Jun Noda / ノダ ジュン
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楫 勇一 / Yuichi Kaji / カジ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 敏康 / Toshiyasu Nakao / ナカオ トシヤス
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-17 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2008-11 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2008-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会